日本一ゴールドジムを愛する男~新たなる旅~【マッチョ編集長のマッチョコラム 第2回】

日本一ゴールドジムを愛する男~新たなる旅~
コマーシャルモール博多店 には 16年4月16日 に足を運んだものの…

2013年11月に 国内ゴールドジム全50店舗 (当時)でトレーニングをおこなうという「  GG  全店制覇 」を成し遂げたプロレスラーの 田中稔選手 。 だが、 それは 真のゴール ではなく、 新たなる旅の始まり にすぎなかった。

GG はそこからさらに店舗を増やし、 稔選手 が2年という年月を費やして全店を完走した直後の 14年1月 には 博多福岡店 がオープン。 以後も店舗は増え続けるも、 それを追いかけるように 14年6月 に 博多福岡店 、 11月 に 新市街熊本店 、 翌15年2月 に 名古屋栄店 と新店舗に出向いてはトレーニング。

意外と手間取りそうだったのが 15年9月 にオープンした 安城コロナワールド店 。  愛知県安城市 はプロレスの巡業でもなかなか訪れない土地。 また、 隣の 名古屋 で大会を開催した際も試合後には次の開催地に移動するケースがほとんどだった。

「それがたまたま、 名古屋大会 の試合後に現地に泊まる日があったんです。  翌日は新幹線で移動する予定になっていた。 この機会を逃すと、 いつ行けるかわからない。 試合の翌日に電車を乗り継いでコロナワールド店に向かいました。 駅から徒歩で15分ほどかかるんですが、 最寄りの 三河安城駅 から、 試合用のバッグを持って有酸素運動がてら歩いていきました」

コロナワールド店 は 15年11月 にクリア。 同月には当時は改装中だった 大井町店 の仮店舗でもトレーニング。 すでに 大井町店 はクリアしていたものの、 仮店舗にも足を運ばないと気が済まないところが マニアのマニアたるゆえん である。

「仮店舗にも行かないと真の全店制覇とは言えません。 同じく全店制覇を目指している ハチミツ二郎さん も同じ考えを持っていました」

なんのために、 だれのために必死になっているのかよくわからないが、 とにかく 稔選手 は新店を次々とクリア。 2度目の全店制覇 まで、 残るは コマーシャルモール博多店 のみ。 翌16年4月 には試合で福岡を訪れることはすでに決まっていたので、 コマーシャルモール博多店 にはその際に訪れることが可能だ。 稔 は 前人未到の大偉業? に大手をかけた。

「でも、 大井町の仮設店舗に行ったときに、 改装中の大井町本店を覗きにいったら『 浜松町店 オープン』という張り紙があったんです。 『マジか!?』 と思いました。 すでに 南青山店 と 本八幡店 がオープンするらしいという噂は耳にしていたんですが、 浜松町店 もできるのかと…」。

16年2月 には 南青山東京店 、 浜松町東京店 、 本八幡千葉店 が一気にオープン。 さらに 稔選手 は、 ファンから驚愕の事実を知らされた。

「そうこうしているうちに、 ファンの子が『 新所沢店 ができるらしいです』と。 マニアの僕ですらその情報を得ていないんだからそんなわけないだろうと思ったんですが、 ホームページをチェックしてみたら本当でした。 2月に4店舗もオープンするのかと。 これは早めにクリアせねばければいけないと思いました」 (つづく)