Q.疲れている時もトレーニングをするべきですか?【バズーカ岡田にきけ 第8回】

これからボディビルを始める初心者から、大会出場もあるベテランまであらゆるボディビルダーの悩みに骨格筋のエキスパートであるバズーカ岡田先生に、ズバリきいてしまう連載企画。第8回は、疲れている時にトレーニングをすべきかという永遠のテーマについて。

A.トレーニングをしたほうが疲れをリセットできます

人によって疲れの種類も考え方も違うと思いますので難しい問題ですが、私の場合でいえば少し無理してでもトレーニングをしてしまいます。トレーニングの刺激は日常生活とは比較にならないほど大きいですから、自律神経系が一気に興奮して、その後スムーズにリラクゼーションに入れます。トレーニングをすることでリズムが整うのです。そういう意味では短時間でもやったほうがいいと考えます。

ただ、トレーニングに対するモチベーションが上がらない、集中できないという状態でやるべきかどうかは考え方が分かれると思います。私の場合は、やったほうがメリットが大きいとわかっているので、時間を短くしたり普段とはメニューを変えてでもやったほうがいいという考え方です。

© ra2 studio – Fotolia

いつも通りのメニューをこなす自信がないなら、種目を絞ったり、自重系のサーキットトレーニングをやるという方法もあります。自重系のトレーニングであれば、ジムに行かなくてもいいですし、普段走っていないならランニングをしてもいいでしょう。一度自律神経系に強い刺激を入れてリセットをかけるのが目的ですので、普段のメニューにこだわる必要はありません。いつもと違う種目をすることで、筋肉に違う刺激を入れることもできます。

もう一つ、これは気持ちの問題ですが、トレーニングに行く気が起きないほど仕事で疲れているとしたら、結構長時間働いているのだと思います。1日の大部分を仕事で人に使われて過ごしてきたなら、最後にトレーニングをして、自分の成長のために時間とエネルギーを使うと、その日を自分のために時間を使って終われると思います。家に帰って、次の日の仕事のために休むだけだと、仕事のための1日になってしまう。1日の終わりにトレーニングをして、その日を自分のものにして休む。そのほうが気分的にも前向きだと私は思います。

岡田隆(おかだ・たかし)
1980年、愛知県出身。日本体育大学准教授。JOC強化スタッフ(柔道)、柔道全日本男子チーム体力強化部門長。日本体育大学大学院体育学科研究科修了。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。自身もウエイトトレーニングの実践者として2014年にボディビルコンテストに初挑戦。デビュー戦となった東京オープン選手権大会70kg級で優勝を果たす。16年には日本社会人選手権大会を制し、日本選手権大会にも出場。骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌等多くのメディアで活躍中。『2週間で腹を割る!4分鬼筋トレ』(アチーブメント出版)『バズーカ式【超効率】肉体改造メソッド』(池田書店)など著書多数。
バズーカ岡田オフィシャルブログ