【胸肉365】小松菜

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日のメニューは、小松菜!

あっさり炒めるだけ。調味料は茹でた胸肉の出し汁!

小松菜の由来は、東京の小松川地区で栽培されていたことから名づけられたそうです。今では年中八百屋さんでお目にかかりますが、本来の旬は冬です。栄養豊富な野菜で食物繊維、ビタミンC、カルシウム、鉄、カロテンを多く含みます。野菜の中ではカルシウムがトップクラスという優れた緑黄色野菜でほうれん草の3倍以上のカルシウム含有量です。カルシウムは、ミネラルに分類される栄養で、歯や骨を形成する働きがあります。そのため、じょうぶな骨や歯を作り、骨粗鬆症を予防する効能があります。また、カルシウムは筋肉の収縮をさせたり、神経の興奮を抑える効果があります。


材料:小松菜
調味料:茹で汁、鳥出汁


①同じ大きさ5cmに切る。

②熱したフライパンで、さっと炒める。
※油は、小さじ1程度で、コレステロール0オイル、菜種油、オリーブオイル、エゴマ、グレープシードオイルなどがおすすめ

③予め、炒めておいた、ニンニクを一緒に炒め、野菜に香りを付けたら取り出します。
※お好きな方は食べて下さい。食べ過ぎは注意です。ブレスケアを忘れずに。

④鳥出汁スープがあれば、少し入れると味が染みます。

⑤ジューシー胸肉をいれ軽く火を通します。

【完成】

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。