【胸肉365】海苔とせりの和え物

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は海苔とせりの和え物をご紹介。

春の食材で元気になろう

根の物から芽の物を取り入れて、身体は春の準備です。セリは春の七草の一つですね。胸肉365でも正月7日に七草をご紹介しましたが、セリなど七草を入れて炊いた七草粥を食べると万病を防ぐと伝えられています。七草を全て挙げられますか? ごぎょう(母子草)、すずしろ(大根)、すずな(蕪)、せり、なずな(ペンペン草)、はこべ、ほとけのざ(小鬼田平子/コオニタビラコ)の7種を指します。海苔と合わせてミネラル豊富に緑と黒の食材で食de5食を取り入れましょう


材料/海苔
調味料/お好みで醤油を少々

①せりをさっと茹でる

②沸騰した湯で胸肉を茹でる

③蓋をして熱を入れる

④薄い場合はしゃぶしゃぶする要領で

【完成】

胸肉を裂いて、セリと海苔を和えたら完成

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。