東京大学 で「身体運動科学シンポジウム」開催

東京大学駒場キャンパスのスポーツ先端科学研究拠点では、6月3日(土)に「若手研究者による身体運動科学研究、現在から未来」と題した第24回 身体運動科学シンポジウムを開催。詳細は下記の通りです。

1、井尻哲也: アスリートの心理状態を捉えるーウェアラブルセンサを活用した非侵襲無拘束計測とその応用ー

2、田辺 弘子: 身体運動における姿勢の安定化と動きの良さの評価

3、小川哲也: ヒトのロコモーションに内在する神経機構の課題特異性ー行動科学的側面からの考察ー

4、藤木聡一朗: 適応的な歩行に潜む制御メカニズムの本質的理解ー数理モデルによる理論化に向けてー

5、高橋祐美子: 運動後の骨格筋グリコーゲン回復を促進させる栄養素とは?

日時: 2017年6月3日(土)シンポジウム:13時〜17時

場所: 東京都目黒区駒場3-8-1東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE West レクチャーホール

主催: 東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系身体運動科学研究室

共催: スポーツ先端科学研究拠点

研究室代表電話: 03-5454-6133