1. Home
  2. トピックス
  3. 「プロテイン」「鉄分」に続く第3弾は「カルシウム」

「プロテイン」「鉄分」に続く第3弾は「カルシウム」

カルビーのシリアルブランド「Granola+(グラノーラプラス)」に新商品『Granola+ カルシウム』が新登場。3月9日(月)から全国発売sされます。

「Granola+」は、食に対する健康志向の高まりを背景に、パーソナルニーズに応えて個々に必要な栄養素に特化した栄養機能食品として、2019年6月に初めて発売したグラノーラ。現在、「Granola+ プロテインin」と「Granola+ 1日分の鉄分」が発売中で、タンパク質や鉄分を手軽に摂取することができる商品となっています。



カルビーはシリーズ第3弾の新商品を開発するにあたり、骨の形成や関節痛対策を訴求する市場規模が拡大する中で需要の高い栄養素となっているカルシウムに着目。40~60代の女性を対象に実施したアンケート調査では、「骨粗しょう症リスク」や「ヒザ・関節の痛み」が気になるといったお声が多く挙がり、約6割が骨の健康について意識をしているという結果が得られました。女性のカルシウム摂取量は推奨量に対して不足傾向(※1)にあり、カルシウム不足を特に気にする50~60代の女性をメインターゲットに、美味しく手軽にカルシウムを摂取することができる商品が開発されました。
※1:平成29年国民健康・栄養調査報告

【商品概要】
●毎日の食事で不足しがちなカルシウムをプラスしたきな粉味のグラノーラ。黒大豆やバナナ、りんごがトッピングされ、甘さ控えめで香ばしく素朴な味わいが楽しめます。
●カルシウムが1食分(50g)当たり243mg、1食分(50g)+牛乳200ml(※2)で1日必要量の3分の2(※3)(470mg)以上摂取。
●1食分(50g)当たり大豆イソフラボン19mg、8種のビタミンの1日必要量の3分の1(※3)摂取。食物繊維・鉄分たっぷり。栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)。
※2:牛乳の栄養成分値/日本食品標準成分表2015年版(七訂)「普通牛乳」
※3:カルシウムの1日必要量の3分の2及び8種のビタミンの1日必要量の3分の1とは、栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2,200kcal)を1とした場合の割合
●パッケージは、スタンディングパウチ型で、保存に便利なチャック付き。
●手軽に始めやすい“中容量サイズ”。

商品名:Granola+ カルシウム
内容量:400g(8食分)
エネルギー:1食(50g)当たり212kcal
JANコード:4901330744090
価格:オープン(想定価格 税込み650円前後)
発売日/販売エリア:2020年3月9日(月)全国発売
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合があります。
※店舗によっては、取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合があります。
「Granola+」公式ウェブサイトページ

【骨の健康についてのアンケート調査結果】2019年9月カルビー調べ(40~60代女性 n=450)
Q:普段の生活の中で骨の健康についてどの程度気にしていますか。

Q:骨の健康について、具体的にどのようなことが気になりますか。(いくつでも)

Q:骨の健康に関連しカルシウムの摂取についてどの程度意識していますか。

【菅洋子先生のコメント】

菅洋子先生(関東学院大学栄養学部管理栄養学科准教授)

骨の健康のためにしっかり摂りたいカルシウムですが、国民健康・栄養調査では20歳以上のどの世代も摂取量が不足していることが分かっています。特に、年齢とともに食事の量が少なくなってくるシニア層はカルシウムの摂取量が落ちてしまうことが心配されます。骨は常に破壊と生成を繰り返しており、恒常的に食事と運動で維持をしていくことが大切です。健康寿命が重視される今、いつまでも健康な骨を維持するためにカルシウムは積極的に摂りたい栄養素の一つです。『Granola+ カルシウム』は、1回の摂取(1食分50g+牛乳200ml)でカルシウムが470mg摂取できます。これは1日に必要なカルシウムの約3分の2に相当します。また、牛乳が苦手な人は豆乳と合わせて食べたり、そのままおやつとして食べることでも気軽にカルシウムが摂取できるので、毎日の生活に気軽にとりいれ、カルシウムを補給するのに適しています。