【胸肉365】三つ葉のお浸し

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は三つ葉のお浸しをご紹介。

春よ来い!葉野菜

香りがよいくお吸い物や茶碗蒸しの香りつけや緑を添えるものとして使われることが多いい「三つ葉」。
どのような栄養があるのか知ってみたいと思いませんか?ビタミンAが豊富なので肌や視力低下にも役立ち鉄分も豊富な事から貧血や肝臓にも良い食材です。そして神経を鎮めて不眠症を改善する効果もあるんですよ。季節の変わり目、春に必要な食材と言えますね。
精神バランスを整えてくれるなんて心強い〜〜!

材料/根三つ葉
調味料/鰹節、ごま、塩、ごま油少々

①三つ葉は根を洗い、根っこを切り離し、根の太い部分は5cmほどに切っておく

②根は栄養をたっぷり蓄えていますので、捨てないで。良く洗って炒め物や鍋、薬膳スープに利用しましょう

③ジューシー胸肉をつくり、食べやすいサイズに切る。皮は別にして千切りにする

④小さじ1の塩をいれ、根三つ葉を茹でる。先に根の部分を30秒ほど前に入れておく

⑤千切りにした皮はジューシー胸肉を茹でたスープで油分をおとしておくと、皮のぷるぷる部分だけが残る

⑥根三つ葉、皮の水分を良く切ったら、お皿に盛りつけ、少量のごま油で香りをプラスし、ゴマを振りかける

【完成】

かつお節をかけて召し上がれ

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。