【胸肉365】手巻きジューシーチキン寿司

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は手巻きジューシーチキン寿司をご紹介。

何でも巻いておいしく召し上がれ

ふるさと料理「巻き寿司」がありますが、手巻きは巻き簀を使わず手で飯と具を海苔で巻く寿司で「手巻き寿司」と呼びます。「築地玉壽司」が昭和46年に始めたとして同店は「元祖末廣手巻き」と名乗っているそうです。江戸前寿司の基本的な物の一つであり、「巻物(まきもの)」、「海苔巻き(のりまき)」とも呼びます。自宅で作れる江戸文化の巻き寿司も挑戦したいですね。近いうちにお披露目します。余談ですが「全国漁連のり事業推進協議会」が家族揃って楽しく食事をする日として毎月第3土曜日を「手巻き寿司の日」と制定しています。


①材料は野菜いろいろ(アボカド、貝割れ、きゅうり、トマト、ルッコラ…)。いくら、卵の黄身、マスタード、わさび、醤油を準備してください。醤油以外調味料は基本使いません。黄身の奄美と旨味やいくらの塩分、醤油が有ればおいしくなります。


②お正月はお刺身等がならびますが、余ったお刺身や野菜をならべます。IMG_5933


③のりはコンロで少し炙ります。


④ジューシー胸肉にマスタードを塗っておきます。スライスし並べます。


⑤海苔の上に野菜、魚を組み合わせます。お米を食べる場合は酢飯を作って下さい。お酢お玉1に対してハチミツ大さじ1、沸騰させ、粗熱をとったらご飯に混ぜます。

【完成】

海苔の香ばしさが胸肉にも野菜にも良く合います。

ジューシー胸肉の作り方はこちら。

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。