マッチョ女子倶楽部④ 私が筋トレにハマったワケ(高橋夏美)

コンテストに挑む女性は何をキッカケにトレーニングを始め、どんな日常を送っているのか。そんな内容を阿部美早さんと高橋夏美さんに交互に綴ってもらう連載。今回は高橋さんが、どうしてエクササイズの魅力に引き寄せられていったかをお話しします。

すればするほど体の変化を感じる

皆様こんにちは!フィットネスビキニの高橋夏美です!

「マッチョ女子俱楽部」2回目のコラムです。前回は、私がトレーニングを始めたきっかけについてお話させていただきました(前回の記事はこちら)。

今回はジムに通いだしてから、筋トレに興味を持ったきっかけについてお話ししていきます!

ジムに通い始めた最初のころを振り返ってみると、あの頃はまだまだマシンジムは今ほど利用していませんでした。ダイエットが目的でエクササイズの知識もなかった私は、特にセット数や回数、トレーニング部位など細かいことは考えずマシンを使ってただひたすらトレーニングをしていました。その頃は、スタジオレッスンの参加が圧倒的に多かったです。

実は、その時に参加していたのが音楽に合わせて行うバーベルエクササイズでした! バーベルなんて触ったこともないし、ジムにはフリーウェイとのエリアがあるけど常連さんや勇ましい(笑)男性ばかりでとてもじゃないけど入れる雰囲気じゃない……。女性は踏み込みにくいエリアですよね!

でも、スタジオレッスンならグループで行うこともあって参加しやすく音楽に合わせて行うので初心者でも楽しく行えて安心です。

そして……。

ここから徐々に筋トレに目覚めるのでした(笑)。

当時のインストラクターは、マッチョだし参加している方も、私より年上の女性でも余裕の表情で私の倍以上の重さがあるバーベルを担いでるし……。当時の私は21歳。ジムの中では若者(笑)だったので体力には自信がありました。でも、筋トレ初心者だった私は、正直最初はついていくのも必死でした(笑)。

それでも、やればやるほどどんどん扱える重さが増えたり、体の変化も感じられて、やる気もますますアップ。もともと負けず嫌いな性格でもあるので、重量が上がったりすると達成感もあり、なんだか気分も爽快。トレーニング方法は変わっても気づけば約6年も継続することができています。やった分だけ体も変わる、実感できることはモチベーションも上がるし継続したくなりますよね!

こうして、スタジオレッスンのバーベルエクササイズがきっかけで筋トレにハマってしまった私ですが、継続するためには“モチベーションの維持”がとても大切だと考えています。
そしてこれが一番難しい!

運動を始めても継続できずに辞めてしまう方がほとんどだと思いますが、途中でやめてしまっては効果も感じられませんし、もったいないですよね!

次回は“モチベーションを保つ方法”についても話していきたいと思います。


たかはし・なつみ
1987年7月16日生まれ。東京都世田谷区出身。2014年、第1回大阪フィットネスビキニオープン選手権163cm以下級3位。2015年、第2回 オールジャパンフィットネスビキニ選手権163cm以下35歳以下級優勝。