話題の美BODYエンタメ集団・マッチョ29①【人物クローズアップ「筋の旅人」】

筋肉男子の究極系、それがマッチョ29だ。キレてる筋肉をセールスポイントにしているメンバー数は、14人ならぬ、14マッチョ。20代から40代と幅広く、歌って、踊って、コントもできるエンターテインメント集団だ。
メンバーのほとんどがさまざまな大会で好成績を収めており、お笑い芸人やヒーローショーの悪役、パーソナルトレーナーや格闘家ほか、豊富なパーソナリティーだ。発足は2年前。はじめの頃はあまり注目を集めることもなく、最初のライブではマスコミを含めてたった14人しか集まらなかった
ところが、マッチョバスツアーやマッチョカフェといったファン目線の斬新な企画がヒットして、CDデビュー、マチョ氷、劇団マッチョなどで注目されると、メディアから引っ張りだこになっている。2017年8月11日、東京・下北沢SHELTERで開催したマッチョ29単独ライブ『劇団マッチョ~30セット目~』には、溢れんばかりの人が押し寄せた。11月21日には満を持して、最大収容1,400人の赤坂BLITZにてワンマンライブを行う。そんな美BODY集団から、お笑いグループ・超新塾の一員でもあるコアラ小嵐さん、一児の父でもある植田知成さん、今年メンバー入りを果たしたばかりの高橋直人さんが初登場。キレまくったインタビューの幕開けだ。
左よりコアラ小嵐さん、植田知成さん、高橋直人さん

僕たちをきっかけにエクササイズに興味を持ってもらえれば

――マッチョ29は今、右肩上がり。この実情をみなさんは、どう思っていますか?
コアラ 正直まだ、甘い評価を下せないっていうのがありますね。右肩上がりは間違いなくて、劇団マッチョに来てくれるお客さんも増えてはいるんですけど、下北沢SHELTERのあの箱で、毎回チケットを売り切れにしたいです。

植田 うん。そうっすね。

コアラ したいですよね? 今は筋肉に興味があるお客さんがほとんどですけど、中には「自分は鍛えへんし、マッチョがいいとも思わへんけど、なんかあの軍団はおもしろいな」ってぐらいになればいいなぁと。フィットネスやジムのエクササイズはこれからもっと流行っていくと思うので、そういう部分でも僕たちをきっかけに興味を持ってもらえるようになればと思っています。

植田 僕たちの人気ってまだまだ楽観視はできないなぁという思いが正直ありますね。ただ、1年目、2年目、3年目で、徐々に仕事の幅が増えてきてるなぁと実感してるんです。活動をはじめたときと違って、「マッチョ29としてメディアに出てほしい」というのが、3年目になっていい感じで増えてきてる。着実にキテるなぁと思いはしますけど、直近で僕ら、11月21日に赤坂BLITZで大きなイベントがあるので、そこを満員にできるかっていうのは、不安ではあります。

東京・下北沢SHELTERで開催されたライブ『劇団マッチョ~30セット目~』より
会場には多くの観客が詰めかけた。11月21日には赤坂BLITZに進出

高橋 僕は今年の2月にメンバーになったので、今の活動評価というより、まだ手探りの状態なんですけど。ただ、僕は経緯としては、マッチョ29というグループに憧れて入ったんで……。

コアラ お~っ、うれしいね!

高橋 もう、出来上がってるイメージで入ったんで。曲も知ってるし、メンバーも大会で成績を残してるのも知っていました。そのなかに自分も入りたいって、憧れの気持ちでオーディションを受けたんです。ライブに来られる方も多いんですけど、メンバーになりたいって気持ちを持った男子も今後、増えてくれるといいなって思いながら、活動してます。

聞き手/伊藤雅奈子 撮影/神田勲