メイドさんの晩御飯【ろーずの部屋⑪】

神田のモヤモヤSPOT、メイドジムのトレーナーであるろーずさんの連載。今回は、ベストボディ・ジャパン参加後の晩御飯を写真で紹介します。

ベストボディ・ジャパン宇都宮大会出場を終えて、減量期から維持期に入ったろーずさん。このところの夕食は「夜は緩やかに低糖質。高タンパクであることはもちろん、腸内環境にも優しくするため食物繊維や発酵食品を多く取り入れています」とのことです。

鮭と舞茸のバター醤油蒸し、水菜とハムサラダ

炭水化物はカット。鮭はボディビルダーも活用することが多い食材。抗酸化作用のあるアスタキサンチンも含まれている。
「バター醤油蒸しはフライパンにクッキングペーパーでお皿をつくって、好きな肉や魚、野菜を乗せてフタをして中火で待つ。具に火が通ったら完成! 蒸すことによりカサが減るので手軽に野菜がたくさん取れます!」
 

糖質ゼロ麺冷やし中華と焼肉

糖質0gのダイエット食材も活用。タンパク質は卵と牛肉から摂取。
「冷やし中華は好きな具材をのせ、市販の中華ドレッシングまたはごまドレッシングをかけるだけ! 手軽!」

 

焼鳥、焼肉、枝豆、納豆、キムチ豆腐、マッシュポテト、味噌汁

焼鳥と焼肉で動物性タンパク質、納豆など大豆食品で植物性タンパク質を摂取。
「つくりすぎたので分けて食べました。納豆、キムチ、チーズなどの発酵食品は毎食何かしら取り入れています」

 

糖質ゼロ麺パスタ(ペペロンチーノ、ジェノベーゼ)、さつまいもバターきんぴら、タラのバジルソテー、キヌア入りハムサラダ

夕食で大活躍している糖質ゼロの麺。この日はパスタに調理。さつまいもはダイエットの味方にもなる低GIの炭水化物。
「糖質ゼロ麺は糖質が低いのはもちろん、不足しがちな食物繊維が豊富なのでよく取り入れています」
 

「サプリメントも活用していますが、食事からもしっかりと栄養を摂っております!」