食事で改善できる? 足をつらないためのアプローチ【川﨑泰代の美筋食 第48回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。身近なテーマに関する質問に答えてもらいます。今回のテーマは、足をつらないために食事面でできること。

Q.試合中や練習中によく足をつってしまいます。食事で改善できる方法はありますか?

A.まずは運動前のストレッチをしっかりとしているかということを見直した上で、体内の水分やミネラル不足も原因として考えられます。運動していると汗で水分と一緒にミネラルも出ていってしまうので、運動前や運動中にスポーツドリンクなどで補うようにしましょう。身体の体液は常に一定の濃度を保とうとするので、一度に多くのミネラルを補給しても排除しようとします。そのため、ミネラルは一度に多量を摂取するというよりは、こまめに補給することが大切です。水分補給の際には、前にお話ししたことのあるアイソトニックとハイポトニックとの飲み分けにも気を付けてみてはいかがでしょうか。

ミネラルとはマグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどの無機質のことを指しますが、中でもマグネシウムやカルシウムは、普段から多く摂るようにするといいと思います。マグネシウムは大豆製品や魚介類、海藻やナッツ類から、カルシウムは牛乳や小魚、海藻などから摂取することができます。カリウムを多く含んでいる緑黄色野菜も、日々の食事で意識的に摂り入れてみるといいでしょう。

©hungryworks-stock.adobe.com

足をつるということが癖になってしまっている人は、ご自身でストレッチをしたり、食事に気を使っていても起こる場合があります。食事も継続が大切ですので続けてみてください。あとは、マッサージなどを取り入れてみてもいいと思います。つる原因は、筋肉の疲労や血行不良にもありますので、運動前後のマッサージは効果があると思いますよ。

読者の皆様からの運動と食に関する質問も募集中です。
質問はこちらから


川﨑泰代(かわさき・やすよ)
フードコーディネーター。アスリートフードマイスター。食育インストラクター。IHクッキングクリエーター。小学生のころよりバレーボールを始め、以来スポーツが生活に欠かせないものとなる。「走るフードコーディネーター」として、自らもフルマラソンに挑戦するなどアスリートとしての顔も持つ。自身の経験から「強い体と心は『食事』で作られる」と言うコンセプトのもと、一般アスリートからトッププロまで幅広く食事を指導。テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活動している。
公式HP