たばこは運動機能にどんな影響をもたらすの?【川﨑泰代の美筋食 第50回】

「走るフードコーディネーター」川﨑泰代さんに体づくり、健康づくりのための食事と栄養について教わる連載。身近なテーマに関する質問に答えてもらいます。今回のテーマは、喫煙が運動時に与える影響について。

Q.プロのスポーツ選手がたばこを吸っているところを見かけることがあるのですが、スポーツをしている人がたばこを吸っても問題ないのでしょうか?

A.たばこが運動能力に与える影響として、呼吸機能の低下による息切れ・持久力の低下があります。たばこの煙は肺の細胞を炎症・破壊し、体に酸素を取り込みづらくさせてしまいます。スポーツ選手は特に有酸素運動をされる方が多いと思いますので、たばこを吸ってもが問題ないということはありません。

そのほかにも、筋力の低下や瞬発力の低下にもつながるとされています。たばこに含まれるニコチンは、脳や神経を興奮させる作用があるため、たばこを吸ったほうが安定する方もいます。ですが、その感覚はニコチンが切れるまでのその場限りのものであり、覚せい剤や麻薬を使用したときと似たような作用であるため、習慣的な喫煙で神経を刺激し続けると、ニコチンがないと身体を動かしにくい体質になってしまうこともあります。

©sek1111-stock.adobe.com

最近は、怪我の予防や治療にコラーゲンが注目されることがあるのですが、それは骨や筋、靱帯の主成分がコラーゲンであるためです。中でも運動をする上で重要な役割を担う靱帯は、90%がコラーゲンで形成されており、怪我の治りもコラーゲンを摂取している人は摂取していない人の3倍早いというデータもあるようです。

コラーゲンというのはアミノ酸とビタミンCの合成によって作られるものですが、たばこ一本吸うことで、体内のビタミンCは約25~30ミリグラム消耗してしまいます。そのため、体内でコラーゲンを作りづらくなり、結果的に怪我の治りを遅くしたり、怪我をしやすい身体になってしまうというわけです。

女性がたばこを吸うと肌が荒れるのも、ビタミンCの消耗によるコラーゲンの形成不足が関係しています。カサつきの原因にもなりますので、女性や運動される方はもちろんのこと、全ての方に禁煙を心がけていただきたいです。

読者の皆様からの運動と食に関する質問も募集中です。
質問はこちらから


川﨑泰代(かわさき・やすよ)
フードコーディネーター。アスリートフードマイスター。食育インストラクター。IHクッキングクリエーター。小学生のころよりバレーボールを始め、以来スポーツが生活に欠かせないものとなる。「走るフードコーディネーター」として、自らもフルマラソンに挑戦するなどアスリートとしての顔も持つ。自身の経験から「強い体と心は『食事』で作られる」と言うコンセプトのもと、一般アスリートからトッププロまで幅広く食事を指導。テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活動している。
公式HP