1. Home
  2. マッスル
  3. 編集長は日本記録保持者①【マッチョ編集長のマッチョコラム第14回】

編集長は日本記録保持者①【マッチョ編集長のマッチョコラム第14回】

ボディビルディングやパワーリフティングなどを扱う筋肉系雑誌『アイアンマン』。その編集長を務めているのが荒川大介さん。荒川さんは編集業務の傍ら、バーベルとも格闘。パワーリフティングの日本記録保持者でもあるのだ。

『アイアンマン』編集長の荒川大介氏

「もともとボディビルは大好きで、ボディビルダーは憧れの対象でした。筋肉に憧れを抱くのは男の宿命だと思います。でも、ボディビルダーを見て『すごい!』とは思っても、『自分には無理』と勝手に思い込んでいました」

そんな荒川さんがパワーリフティングと出会ったのは高校3年生のときだった。

「1年、2年のときはなんの部活動もやっていなかったんですが、通っていた高校にウエイトトレーニング部があったので、3年生になったときに入部してみたんです。顧問の先生がたまたまパワーリフティングをやっていて、先生に勧められるがままに試合に出るようになりました。4月に入部して、6月には試合に出ていました

パワーリフティングはスクワット、ベンチプレス、デッドリフトの3種目の挙上重量を競う競技。荒川さんは1995年の6月に公式戦デビュー。以来、2017年までの間に不出場だったのは2012年、2013年のみで、ほぼ毎年なんらかの大会にエントリー。2009年には90kg級(当時)で3種目合計で855kgという成績を残し、3種目トータルでの日本記録を打ち立てた。

「でも、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトそれぞれの種目では日本記録を出せていないんです。これはあくまで3種目の合計での記録です」

仕事とケガの影響で、2012年からの2年間は戦線離脱。競技に復帰したのは2014年のことだった。(つづく)

文/藤本かずまさ