1. Home
  2. フード
  3. ビーレジェンドプロテインの生みの親 鍵谷健社長にインタビュー!【後編】

ビーレジェンドプロテインの生みの親 鍵谷健社長にインタビュー!【後編】

VITUP!では「勝手にプロテインナンバーワン決定戦」を開催し、ビーレジェンド様の13種類のプロテインの中から独自にナンバーワンを決定してきました。そのビーレジェンドプロテインを制作する株式会社Real Styleの鍵谷社長のインタビュー後編。様々な商品を開発する原点はすべて社訓からだと言います。そしてこれから先の野望とは!?

 会社のスローガンが「成長」

秋、冬には新作プロテインも予定

――利用者からすると一つのプロテインを完成させるために試作を繰り返し、溶け具合などをとことん研究してくれるのは大変ありがたいのですが、そのモチベーションはどこからくるのでしょうか?

鍵谷:「何がより良いかを常に考え、明確に立場をとり、自ら行動します」というのが社訓にあるからでしょうね。

――自らそれを実行しているわけですね。

鍵谷:社訓の一つ目が「お客様を幸せにする教材、サービスを提供します」。これはお客様を幸せにする商品を提供するということ。サービスというのは研究、開発という部分になってきます。二つ目は「向上心をもち、日々学び続けます」というもので、三つ目が先ほど申し上げた「何がより良いかを常に考え、明確に立場をとり、自ら行動します」。新しい知識を常に取り入れつつ、何がより良いのかを考えて、明確な立場をとって自ら行動していかないといけません。日本のサプリメントのサプライヤーとして、トップランナーであろうとするならば、開発というのは必要不可欠だと思います。

――本当に社訓通りに取り組んでいるのですね。

鍵谷:社訓の四つ目は「小さな問題を放置せず、即改善します」。これは、お客様の声に耳を傾けて、問題を改善していくということ。既存の商品の場合は、改善してもしなくても売り上げはそれほど変わらないと思います。だとしたらその労力、労力対売上効果で考えると全然見合わないんです。だけど、社訓なので小さな問題でも放置せずに改善していきたい。そういう考え方なのでジップの部分も2回、3回と改良しているんです。

――たしかにジップは空気を入れずにうまく閉じられるかどうかは大事ですよね。

鍵谷:そうですよね。一度変えたジップが良くなくて、痛手ではあったんですけど、すべて新しいジップのものに変えたこともあります。社訓の五つ目は「笑顔とユーモアを忘れず、率先して仕事を楽しみます」です。こうやって考えること自体が楽しいですよね。

――楽しむ姿勢がいろいろな味の開発につながっているのですね。

鍵谷:昨日も5~6人で集まって、紙コップを並べて1時間くらいプロテインを飲んでいましたからね。

――これだけたくさんの味が発売されていますが、まだまだ案はあるのですか?

鍵谷:まだまだありますよ。この秋、冬に発売を予定している試作もあります。

――冬にはホットプロテインも飲みたいという意見もありました。

鍵谷:昨年も一昨年も期間限定でホットプロテインを販売しているんです。一昨年はコーンポタージュ、昨年はコンポタとクラムチャウダー、あとはお汁粉も販売しました。

――コーンポタージュ味はVITUP!でも以前取り上げさせてもらいました。すべてお湯で割って飲む冬用ですね。

鍵谷:そうです。お客様からは夏も飲みたいからレギュラーにしてほしいという声もいただいておりますが、そこはもう少し考えたいと思います。今年の冬はまた違う限定の商品を出そうと思っています。

 

――それは楽しみですね。これだけたくさんのプロテインで人気を集めていますが、この先やってみたいことといったビジョンはありますか?

鍵谷:今はアパレルに力を入れ始めています。

――Tシャツの販売もしていますね。

鍵谷:スポーツする上でどうしても必要になってくるものなので、アパレルにも少し力入れてやっていきたいなと思っていますね。スポーツブランドで働いていたデザイナーも加わったので、アパレル展開も楽しみだなと思います。

――プロテインに限らず、常に新しいものを生み出していこうと考えているのですね。

鍵谷:今日より明日、明日より明後日というふうに考えて、会社では「成長」をスローガンに掲げています。自分が成長するのはもちろんのこと、会社自体もそうですし、関わっているお客様も成長してもらいたい。だからビーレジェンドというのも、フィットネス界の伝説のプロテインになるという意味もあるんですけど、お客様自身にも伝説を目指してほしいという思いもあるんです。伝説のプレーヤーだったり、伝説のトレーナーだったり、あの人はすごいと思ってもらえる人になってほしいという意味で、ビーレジェンドと名付けたんです。だから「レジェンド」ではなく「ビーレジェンド」なんです。

――伝説になったのではなく、伝説になっていくということですね。

鍵谷:オリンピック選手やプロ選手もたくさん愛飲してくださっているので、本当にありがたいなと思っています。弊社のプロテインはJADA認証なので、ドーピングの心配なく安心して飲んでいただけるので、ぜひ多くのオリンピアンやプロスポーツ選手に利用してもらえるように、これからも研究、開発をしていきたいと思います。

 

取材&撮影/佐久間一彦