才木玲佳の2019年③~小学校からずっと、負けず嫌い!~

あるときは、トビっきりのかわいらしい笑顔と、男もビックリのムキムキマッチョな体の“筋肉アイドル”「れいたん」。あるときは、小柄な体ながら壮絶なパワーで相手を投げ飛ばすプロレスラー「才木玲佳」。数年前はいち大学生だった彼女は、まるで想像できない姿へと進化し、そしてこれからもさらに進化していくはず。まるで未来が想像できない才木玲佳の“今”を、インタビューでお届けする短期連載。今回は、彼女の生きるポリシーに迫る。

私はやりたいことをやる、やりたくないことはやらない

――「今の自分が1番好きだし、人生も今までで1番楽しい」とTwitterのトップに固定していますが、あれは生きるポリシーみたいなものですか?

才木:そうですね~。その言葉の通りですし、日々、それが更新されている気がします。つねに、今の自分が一番いいって思っているんです。

――トレーニングをはじめることで、そういう考えになったんですか?

才木:どうかな~。元から、別に暗かったわけでもないですし根本はあまり変わってないんですけど、トレーニングをすることですごく元気に明るくなったと思います。筋肉がつくことで自信もついて、人生も楽しくなってきました!

――そもそも、才木さんはいったいどんな子供だったんですか?

才木:小さい頃から「負けず嫌い」でしたね。小学校の陸上大会とか、大学受験の勉強もそうですけど、とにかく「負けず嫌い」スピリットがあったから努力ができる。それで運動神経もそれなりに良かったんですけど、実は、中学・高校は帰宅部だったんです(笑)。

――それはったいない……。

才木:私もそう思います(笑)。母は昔テニスをやっていたみたいなんですけど、特別すごい選手だったわけではないですし、本当に平凡な家庭で生まれ育ちました。

――でも、その平凡な家庭だけど慶應大学に進まれるっていうことは、やはり相当の努力をされた証ですよね。

才木:「慶應出身だし、賢いね」とはよく言われるんですけど、自分では全くそう思っていなくて。ただ、努力はしました。大学受験は、言ってしまえば“勉強するかしないか”じゃないですか。もちろん才能の差はあるのかもしれません。でも“するかしないか”というところで私はすごく勉強をした。そこは自信を持って言えますね。

――素晴らしい。

才木:ただ、中高一貫校で、小学校6年生のときに中学受験をしたんですけど、そのときは塾をサボってばかりな子供だったんです(笑)。「勉強しなさい!宿題ちゃんとしなさい!」って先生にずっと言われていました。でも、小学生ながらに“そういう自分はダメだな”という思いはずっと持っていて。持っていたけど、なかなか直せなかった。そんなとき、その中学はとにかく勉強に厳しい学校だと聞いていて、じゃあそういう環境に入ればストイックに頑張れるのかなと思って頑張ることにしたんですよ。

――それが、今の才木玲佳のベースになったわけですね。

才木:大学受験も“周りに負けたくない”という、その一心でしたね。慶應に入りたかったわけじゃない……というと語弊がありますけど、そこが最終目標ではなくて、人に負けたくないという思いで一直線に進んだっていう感じです。朝4時に起きて、勉強して、夜は10時に寝て。行儀は悪いですけど、ご飯を食べるときも片手に参考書を持って。自分が休んでいる間に他の人が勉強して、追いついて追い越していくっていうのがすごく嫌だったんです。

――それだけ勉強して慶應に入学し、その数年後にCheer♡1(プロレス団体「WRESTLE-1」の公式サポーターを務める)に加入するっていうのがどうも結びつかないのですが……どういったきっかけで?

才木:周りのみんなが大学3年生のとき就職活動をはじめていたんですけど、私は入りたい会社があったわけでも、やりたい仕事があったわけでもなくて……。それなのに、一般的にいい大学って言われる慶應大学から、いい企業に就職して、という社会のレールに乗るみたいなのも嫌だったんですよ。だから、大学を卒業してやりたいことが見つかったらそのときに就職すればいいかな~って思っていたんです。そんなときに、たまたま表参道で芸能事務所の方に声をかけられて話を聞いているうちに、すごくキラキラしている世界だなって思い、興味を持ちはじめました。

――スカウトされたわけですね。

才木:結果的にその事務所には入らなかったんですけど、そのあと見つけたCheer♡1は、応援ガールズユニットとして人に元気とか明るさを与えるというコンセプトがあって、その点は自分に自信があったので応募したんです。

――まさに自分にピッタリ、やりたいことが見つかったんですね。

才木:そうです。今もそうなんですけど、私はやりたいことをやる、やりたくないことはやらない。そういう意味では、すごく自分にわがままに生きているんです(笑)。いろんな人に、甘えてるだけかもしれないんですけどね。

★次回は最終回、彼女の今後に迫っていきます。

取材/木村雄大 撮影/神田勲

才木玲佳(さいき・れいか)
1992年5月19日、埼玉県出身。ムキかわ(ムキムキしていてかわいい)な“筋肉アイドル”。アイドルグループ「Cheer♡1」のメンバー(2019年3月に卒業予定)。2015年にはK-1アマチュア大会に出場。WRESTLE-1が設立したプロレスラー養成スクール・プロレス総合学院に入学し、2016年にプロレスデビューを果たした。

2019年の才木玲佳①~108回スクワットで年越し!~