1. Home
  2. トピックス
  3. ついに明日開催!「マッスルコンテストジャパン」前日会見をレポート

ついに明日開催!「マッスルコンテストジャパン」前日会見をレポート

2月24日(日)カルッツかわさきで開催される「マッスルコンテストジャパン」。大会前日に行われた会見に、テイマー エルグインディ氏(マッスルコンテストCEO)、織田正幸氏(マッスルコンテストプロジェクトディレクター)、小野寺正道氏(マッスルコンテストプロジェクトマネジャー)、荒川孝行氏(マッスルゲート)、村上洋之氏(マッスルコンテストアドバイザー)が出席した。

ワールドワイドな大会でありながら、日本での大会ということをアピールすべく袴姿で刀とともに登場した5人。CEOのテイマー氏は、「また日本に帰ってくることができて嬉しい。私のビジョンとして、マッスルコンテストジャパンを世界の中でも最大のコンテストにしたいと思っています」と、まずは開催にかける思いを語った。

テイマー エルグインディ氏

続いて、プロジェクトディレクターを務める織田氏。

「世界各地からこの日本に400名を超える選手が集まります。日本から世界に向けて、素晴らしい選手たちが出ていくコンテストになっていくことを望んでいます。特に来年は東京オリンピックが開催され、日本は新たな時代に突入していきます。そのなかでマッスルコンテストも、トップアスリートだけではなく、子供から大人、障がい者までが多くの方が参加する大会にしていきたいと思います」と、日本で開催されることの意義を説明した。

織田正幸氏

マッスルコンテストジャパンの見どころについてテイマー氏は「世界20ヶ国以上からきた選手によるさまざまなコンテストが行なわれ、世界で最も美しく鍛えられている17名のプロビキニも集まります。コンテストだけではなく、日本の文化を発信するようなパフォーマンスもありますので、そちらも見どころです」と話した。

また、「コンテストだけではなく、“筋肉”という言葉に関連するような多様なイベントやセミナーの開催、商品の販売もあります。普段トレーニングしているような方が集まる、“お祭り”の場として大きく発展させていきたい」と話したのは、プロジェクトマネジャーの小野寺氏。

「カルッツかわさき内の大体育館でのコンテストを中心に、小体育室や会議室も使ったセミナーなど、多くの方に楽しんでいただけるイベントになります」

小野寺正道氏

同時開催される「マッスルゲート」については荒川孝行氏が説明。

「国内での初心者向けの大会で、ボディビルやフィギュアに加え、パワーリフティングも行なわれます。実は、大変嬉しい誤算がありました。参加選手が予想の3倍を超えたため、パワーリフティングだけ別会場で行うことになりました。それに伴い、マッスルゲートもプロ選手と同じステージで行うことになります。初心者の方も、素晴らしい演出と、最高のジャッジという環境で舞台に立てる。緊張されるかと思いますが、非常に良い経験となるはずです」

荒川孝行氏

さらに、今回の大会を第1回として、来年2020年2月11日に第2回を同じくカルッツかわさきで、さらに東京オリンピック開幕の前週となる7月18日または19日に「マッスルコンテスト東京」を新宿で行う予定であることが発表された。

「来年は、カルッツ川崎の全館をお借りして第2回を開催することになりました。大ホールでメインのコンテストを行い、さまざまなイベントも盛り込んで、より多くの人が参加できるイベントにする予定です。今回のイベントを盛り上げて、来年以降も“楽しいフィット“ネスをさまざまな人に広げるイベントとしたい」と、コンテストアドバイザーの村上洋之氏は語った。

村上洋之氏

「何千年もの間、日本の文化は世界に大きなインパクトを与えてきました。『マッスルコンテスト』で生まれる新たな伝説を、今後も私たちは作り続けていきます。フィットネス市場の新たな時代の幕開けとなる大会にしましょう。日本のみなさま、準備はよろしいですか?」とテイマー氏が力強いメッセージで締めくくり、会見は幕を閉じた。

全世界から参加可能な国際的イベントが、明日、カルッツかわさきでついにそのベールを脱ぐ。

袴姿に刀を持って“日本”をアピールした5人
IFBBプロビキニの選手も登場した

取材・文・写真/木村雄大

★「マッスルコンテスト」の詳細、参加申込等は公式HPからご確認ください。

【大会概要】
●大会名:
MUSCLE CONTEST(マッスルコンテスト)
●開催日:
2019年2月24日(日)
●会場:
神奈川・カルッツかわさき(川崎市スポーツ文化総合センター)
●開催カテゴリー(アマチュア6カテゴリー、60クラス):
・男子ボディビル(プロ資格認定大会、初心者大会、マスターズ大会 各体重別)
・女子フィジーク(身長別)
・女子ビキニ(プロ資格認定大会、初心者大会、マスターズ大会 各身長別)
・男子フィジーク(プロ資格認定大会、初心者大会、マスターズ大会、ジュニア大会 各身長別)
・女子フィギュア(プロ資格認定大会、マスターズ大会 各身長別)
・男子クラシックフィジーク(プロ資格認定大会 身長・体重別)
プロビキニ1カテゴリー
●出場選手数:
約300名(見込み)
●同時開催イベント
・パワーリフティング(ベンチプレス、デッドリフト)
・フィットネスダンス
・トレーニング/ボディビル/フィットネスセミナー
・マッスルゲート