障害者アーティストが描くアスリート【アート村作品展 Pure Passion Power】

東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、情熱的なアスリートの姿や会場で熱く応援する観客等の姿を描いた作品27点を展示するアート村作品展『Pure Passion Power』が、11月12日(火)~11月26日(火)まで羽田空港第2ターミナル5階の「展望デッキ(星屑のステージ)横通路」(観覧無料)にて開催されます。

「アート村」を運営するパソナハートフルは「才能に障害はない」をコンセプトに、就労が困難な障害者の“アート”(芸術活動)による就労機会の拡大を目的に、1992年よりアーティストの育成をスタート。2004年からは絵を描くことを業務とする「アーティスト社員」を採用し、現在20名が個性あふれる作品の創作活動に取り組んでいます。

今回は多くの人々が往来する羽田空港で、障害者アーティストたちの描く競技に関する作品を展示することで、東京2020オリンピック・パラリンピックの機運を醸成します。

「 車いす陸上競技 」 森田 守
「 アーチェリー 」  本田 彩乃

 

■ アート村作品展『Pure Passion Power』概要

期間:2019年11月12日(火)~11月26日(火)各日10:00~17:00

会場:羽田空港 第2ターミナル5階 展望デッキ(星屑のステージ)横通路

内容:パソナハートフルの「アーティスト社員」が東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、情熱的なアスリートの姿や会場で熱く応援する観客等の姿を描いたアクリル絵画や油絵27点を展示。

観覧:無料

主催:株式会社パソナハートフル

協力:日本空港ビルデング株式会社

問い合わせ:株式会社パソナハートフル「アート村」Tel 03-6734-1093