古き良き、青春を感じられる部室が魅力~渡邉颯君(2年)&森田輝一君(2年)&木村竜君(1年)【GKB応援団:神奈川大学ボディビル部編】

学生ボディビル、通称・学ボを盛り上げるべくスタートした連載「学ボ応援団(GKB応援団)」。今回登場するのは、神奈川大学ボディビル部の若手3人衆、渡邉颯君(2年)&森田輝一君(2年)&木村竜君(1年)。現在は大会出場を見据えてトレーニングに励む彼らは、いったいどんな思いで入部してきたのでしょうか?

いい意味で先輩後輩の上下関係が薄いので
先輩にアドバイスを求めやすい

――2年生の二人はボディビル部にいつ頃入部したんですか?
渡邉 僕は1年生の冬ですね。
森田 自分も2年生になったときに入りました。なので、まだまだ大会に出られるような体ではないので、今年は勉強中という感じです。

――なぜ部に入ろうと思ったんですか?
渡邉 もともとトレーニングはけっこう好きだったんですけど、きっかけとなったのは相澤隼人君が出演していた『ミライモンスター』を見たことですね。そこから、学生選手権をYouTubeで見たりして、なんかいいなって思うようになりました。
森田 自分はフィットネスクラブでアルバイトをしているので、そこでトレーニングをちょっとかじったりしていました。そこで、何かのメディアで神奈川大学のボディビル部があるっていうの知って、せっかくトレーニングをするのであれば学生のうちに目標を持ってやりたいなって思い、2年生になったタイミングで入部しました。
木村 自分はもともとトレーニングはしていて、大学に入学する前からどういうクラブがあるかな?っていうのは調べていました。体がポッチャリだったので、ちゃんと鍛えたいなって思い始めていて。そういうことをしているのはボディビルだをやっている人だ、というイメージがあったので入部を決めました。

渡邉颯君(2年)

――トレーニングが好きとのことですが、これまでに何かスポーツをやっていましたか?
森田 高校では野球をやっていました。フィットネスクラブでバイトをしていると言っても、あくまで人に紹介されて。教えるといってもバランスボールのトレーニングだったりすので、まだペーペーです。
渡邉 僕はハンドボールです。小学校までは野球をやっていたんですけど、ちょっと飽きたなと思っていて。でもボールを投げるのは好きだったんです。高校の中に小さいジムみたいなのがあって、ベンチプレスとかを教えてもらっていたんですよ。

――今のところボディビルでの大会出場を視野に入れているとのことですが、パワーリフティングっていう選択肢はなかったんですか?
渡邉 パワーリフティングっていう考えは最初からなかったんですよね。部の名前のせいかもしれません。とにかく最初から、ボディビルっていう感じで。
森田 入部したときは少し考えたこともありましたが、重い物を一回持ち挙げるというよりは、10回、20回とやって筋肥大を狙っていくのが自分は好きだなって思って。
木村 自分も、入部前からパワーをやるっていう情報も、選択肢はまったく頭になかった気がします。

――入部してまだ1年経ってないですが、何か心身で変化はありましたか?
渡邉 変わりましたね。体が全体的に変わったんですけど、特に今までは脚のトレーニングはまったくやってこなかったので、教えてもらってやるようになってからズボンがちょっと入らなくなっていくのが、なんか嬉しいんです。

森田輝一君(2年)

――トレーニングを楽しめているわけですね。
渡邉 そうですね。もっとこうしよう、ああしようっていう思いは出てきますし、大学の授業中も考えちゃいますね(笑)。あと、以前に鈴木雅さんのパーソナルトレーニングを受けさせていただく機会があったんですけど、本場の知識というか、背中とかなかなか効かなかったんですけど一発でしっかり効くようになったりして、凄さを体感しました。すごく緊張はしましたけど、もう感動して泣きそうなくらい(笑)。
森田 自分もトレーニングはちょうど1年前くらいからやり始めたんですけど、バイト先でやっていたときは闇雲にやっていた感じで、この部に来て監督、コーチ、OBの先輩たちからも教えていただく中で情報の取捨選択というか、自分に必要なものがわかってきました。トレーニングの効きも良くなってきたなって思います。闇雲にやっていてもある程度は大きくなってはいましたが、どうしても苦手な部分もあったのでそれが改善できてきています。

――実際のトレーニングのやり方もだけど、やっぱり意識も変わってくる?
森田 そうですね。以前は重い物を持っていればいいかなと思っていましたが、いろんな種目をやってみる中で、他人から自分の体を見てもらうことも増えてきました。

――食事の面なども含めて、まだ辛いと思うことはあまりない感じですか?
森田 まだ大会も出ていないので本気の減量はしていないですし、辛いと思うことなく楽しんでやれています。モチベーションが上がったり下がったりっていうこともなくて、もう習慣に近いみたいにな感じ。「今日は何をやろうかな?」っていつも考えています。
木村 食事も、今では体重とかを入力すれば1日に必要なカロリーとかを計算してくれるようなサイトもあるので参考にしつつやっています。今はまだ食べるほうが多いので、辛いと感じることもないですね。減量もやってみないとわからない、というのが正直なところです。
渡邉 先輩などを見ていると、やっぱり辛そうだなと思いますけどね。ああいう低カロリーな生活を今までしたことがないので。

木村竜君(1年)

――大会出場などはこれからになると思いますが、現時点での目標があれば教えてください。
渡邉 やっぱり関東選手権で決勝に行くことですね。部門賞も狙ってみたいなと。自分は……腹筋を頑張って上位の方と並んでみたいです。
森田 同じですけど、まずは関東で決勝に残って全日本に進むのが目標です。もちろん今はボディビルで出場と思っていますけど、トレーニングをしていくなかでフィジークの方もってなるかもしれません。
木村 自分は今のところ具体的なものは考えていませんが、とにかく鍛えて体をデカくしてっていうのが目標ですね。

――勝ちたい相手はいますか?
渡邉 うーん……(近くで3人の話を聞いていた)あそこにいる、仲野(竜弐)君です(笑)。
森田 僕も同い年の彼らには負けたくないですね。
渡邉 あとはやっぱり、勝ちたいというのとは違いますが、JBBFのトップの人たちは見ていて感動しますよね、憧れます。

――最後に、今後もこの部に入ってみようと思っている子はたくさんいると思うので、部のいいところをアピールしてください!
渡邉 いい意味で、上下関係が薄いところだと思います。3年生のほうからどんどん話しかけてきてくれて、アドバイスをくれたり。そうすると、下からも聞きに行きやすいんですよね。
森田 合同練習でコミュニケーションを取る機会もたくさんありますし。あとはこの部室の、なんというか“オールドスクール”の感じがいいかなと。綺麗なジムもいいですけど、この男くさい雰囲気が自分は好きなので。追い込めるというか、青春っぽい感じがいいですね。
木村 自分はあまり人に話しかけるタイプではないですけど、それでも話しかけてくれるような先輩方がたくさんいるのが、このボディビルのいいところだと思います。

★これからの活躍がとても楽しみな3人のトーク、いかがだっでしょうか。次回は最終回、噂の(?)女子部員、川越ももさんのインタビューをお届けします。

取材/ちびめが 写真/木村雄大