1. Home
  2. トピックス
  3. 立ち上がるだけでやせる? 新発想の「逆スクワット」

立ち上がるだけでやせる? 新発想の「逆スクワット」

NHK『あさイチ』でもおなじみの人気トレーナーが監修した、スクワット本が登場しました。

『立ち上がるだけでやせる! 5秒 逆スクワット』

■スクワットに新発想。「逆」の動きで効果UP

下半身を鍛える運動といえばスクワット。しかし、正しいフォームで行なうのが実は難しい運動でもあります。体全体がグラグラしたり、反動を利用して上下したり。乱れたフォームのまま回数を重ねても、効かせたい筋肉の強化につながらないばかりか、腰やヒザを痛めることにもなります。

そんな“スクワットNGあるある”を解消する新発想が、本書で紹介する「逆スクワット」。何が逆かと言えば、従来のスクワットの動きを逆に行なう、というもの。これがスクワット初心者に効果絶大なのだとか。

■「素早い」×「ゆっくり」を組み合わせて動きにメリハリを

考案したのは松井薫先生。TVの健康番組でもおなじみ「Nintendo Switch  リングフィット アドベンチャー」でエクササイズ監修も務める人気トレーナーです。

「逆スクワット」のポイントはふたつ。

ひとつは、最初にしゃがんだ位置からスクワットに入ることで、ブレない姿勢を保ちやすくすること。もうひとつは、これに素早い動きとゆっくりな動きを組み合せることで、取り組みやすいメリハリのあるエクサザイズになっていること。しかも、ひとつのムーブメントはたった5秒。たった5秒のスクワットで、本書のテーマでもある「ピンク筋」を本格的に鍛えることができるのです。

基本の動きは超簡単。最初にしゃがんで、立ち上がり、そこからゆっくり5秒でしゃがむ。両手をあげることで、フォームを保ちやすくしています。

運動に自信がない人は、まずこちらから。椅子に座ってスタート。

■「逆スクワット」で「ピンク筋」を鍛える

ピンク筋とは、ピンクの色をした筋肉の通称。人間の筋肉には脂肪を燃焼させる赤い筋肉(赤筋)と、糖質を燃焼させる白い筋肉(白筋)があり、その両方の特性を持ち合わせ、白筋から変化する中間筋と呼ばれるものが別名ピンク筋です。

下半身や背中に多い筋肉のため、そこを集中的に鍛えて脂肪も糖質も燃焼させれば高いダイエット効果が期待できるのです。椅子に座って行なう方法も紹介しているので、筋肉に自信のない人でも気軽に取り組め、それでいてしっかり効果が実感できるエクササイズになっています。

アスリートの間でも注目の「ピンク筋」について、マンガで紹介もしています。

【著者プロフィール】

松井薫
パーソナルトレーナー。柔道整復師。パーソナルトレーニングジム「乃木坂 Matsui Physical Design Lab.」主宰。国士舘大学特別研究員・非常勤講師。NESTA JAPAN 日本支部設立参画理事。幼少期に激しいスポーツの影響で、腰椎椎間板ヘルニアと腰椎分離症を発症したことから、エビデンス(科学的根拠)を得た本物のプロスポーツトレーナーとなるため、国士舘大学体育学部と日本医学柔整鍼灸専門学校に進学。卒業後、パーソナルトレーナーとして各界著名人の体作りを担当。任天堂「Wii Fit」のトレーニング監修を務めた他、トレーナー業界初の「徹子の部屋」(テレビ朝日系列)出演を果たし、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)でも講師として出演するなど、多岐にわたり活躍。最近では、任天堂「リングフィット アドベンチャー」のトレーニング監修も務める。

[商品概要]
『立ち上がるだけでやせる! 5秒 逆スクワット』
定価:本体1,000円+税
発売日:2020年2月27日
判型:A5判/96ページ
電子版:同時配信
ISBN:978-4-05-801124-9
発行所:(株)学研プラス

【購入はコチラ】