1. Home
  2. 連載
  3. GKB応援団
  4. 主将たちに聞くwithコロナと学ボ~成城大学高重量愛好会主将・長利夢太君(3年)【GKB応援団】

主将たちに聞くwithコロナと学ボ~成城大学高重量愛好会主将・長利夢太君(3年)【GKB応援団】




新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ジムや大学が閉鎖されてきたここ数ヶ月。果たしてトレーニングに勤しみ、ボディビルやパワーリフティングでの躍進を目指す学生たちは、この活動自粛期間をどう過ごしてきたのか? 緊急事態宣言も解除となりに明るい話題も増えているなか、各大学の主将や中心メンバーにインタビューを実施。今回は成城大学高重量愛好会主将の長利夢太君(3年)に話を聞いた。

一緒に団体を築きあげていく仲間を募集中!

――高重量愛好会はまだ立ち上げたばかりの部だと聞きましたが、まずは立ち上げの経緯を教えてください。

長利:自分は大学の硬式野球部にも所属していて、基礎体力作りとしてウエイトトレーニングを取り入れていたのですが、そのなかでデッドリフトが得意なんです。興味を持っていろいろ調べていたら、パワーリフティングの学生大会というのがあるのを知って。学生大会に出られるチャンスは大学生の今しかないので、出場したいと思ったのが立ち上げたきっかけです。

――仲間はどのように集めたのですか?

長利:大学のトレーニングジムに通っていたのですが、そこで一緒にトレーニングをしている方々ですね。去年から学生フィジークが始まるのは話題になっていましたし、学ボの大会に出たいと興味を持っている人がいたり、パワーリフティングに興味がある人もいたので声を掛けてみました。先輩が多かったので、現在は3年生2人、4年生5人が部に所属している形になっています。

――実施の活動はどれくらいのペースで行なっているのですか?

長利:実は立ち上げたのが昨年末で、年が明けたら期末テストがあるのでまずはそこに集中、それが終わったらいざ活動しよう……と思っていたところでこういうことになってしまって。東京では緊急事態宣言が解除され、活動再開という雰囲気もあるかと思いますが、やっと活動開始というところで何もできていないのが現状です。

――ということは、この自粛期間はメンバーそれぞれがトレーニングに励むという形ですよね。

長利:そうですね。メンバー間の連絡も、学生連盟からの情報をLINEグループの中で伝達するくらいで、そこまで頻繁というわけでもなく。今回取材をお受けするということになって、みんなのトレーニングの近況を久々に聞いたという感じで……。

――本格的な始動はこれからですね。長利君自身は、この期間はどういうトレーニングを行なっていたのですか?

長利:当初は、ジムも閉鎖されてしまったしどうしよう……と思っていたのですが、悩みに悩んだ結果、自宅にトレーニング器具を購入することにしました。いろいろ買い集めてデッドリフトで250キロまで扱えるようなウエイトを用意し、ビッグスリーを鍛えられるようにして頑張っています。

――それだけの器具となると、けっこうな決断だったのでは?

長利:本当に、購入するのは迷いました。10キロのシャフト、20キロのプレートを8枚、10キロと5キロのプレート、ベンチ台、ベンチプレスもスクワットもできる左右セパレート型のラック……なるべく安いもので集めようと探しまわって、それでもそれなりの金額にはなるので両親にも相談して。きっと今後も役に立つだろうと思い、貯金をはたいて購入することを決めました。

――ジムと同じようにとはいかないまでも、充実したトレーニングができる環境ができたわけですね。

長利:はい。普段は野球部の練習の後に筋トレをしていたので、正直ヘトヘトだったのですが、野球部の活動も停止となり、個人でしっかりと筋トレをする時間を確保できるようになっています。今は筋トレに集中できていますし、器具を購入するきっかけにもなったので、こういう状況ではありますが良いこともあったと感じています。

――自粛期間が明ければ、また野球も筋トレの両立の日々となって大変な日々が帰ってくるのでは?

長利:そうですね。ただ、本当は兼部が禁止となっていることもあり理解を得るのは大変でしたが、「普段から野球も筋トレを頑張っているのはわかっている」と野球部のほうから言っていただくこともでき、特例として認めていただくことができました。そういう経緯もあるなかで活動をさせていただけているので、やるなら本気で続けていきたいですし、後に残る部となるように盛り上げていきたいと思っています。

――新入生に向けたアピールも必要になってきますね。

長利:4年生が多いこともあり先輩方が卒業した後はどうしよう……という状況なんですよ(笑)。だから新入生にたくさん来てほしいなと思っています。まだ何もできていない段階ではありますが、新しい部を形作ることというのはなかなか経験できることではないと思いますし、筋トレは趣味としてやるのも、健康のためにやるのも、もちろん大会出場など目標を持ってやっていくのもいい。体にも心に良い筋トレを通して、みんなで方向性を決めながら団体を築き上げていくという経験ができるというのはこの高重量愛好会の良いところだと思うので、ぜひいろんな人に知ってもらえたら嬉しいです。

取材・文/木村雄大