1. Home
  2. フード
  3. サバがうまい!【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第144回】

サバがうまい!【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第144回】

VITUP!読者の皆様、こんにちは。日曜日のひととき、いかがお過ごしでしょうか?  前回紹介したケアグッズの中から、マッサージガンを購入しました。使い心地は追ってお知らせしたいと思います。

 

さて、以前VITUP!で高知の名産品である鰹を使ったヘルシーフード「超鰹力」を紹介したのを覚えているでしょうか?

 

この「超鰹力」の発行元である吉永鰹節店が、新たにサバを用いたヘルシーフードを3種類発売。実は私、サバが結構好きです。ゴマサバ、炙りしめサバ、サバの塩焼き…最高です。これは見逃すわけにはいきません。先日、喫茶店のランチメニューで「サバの味噌煮(骨なし)」というのがありました。喫茶店のランチでサバの味噌煮は斬新です。斬新すぎて手を出すことができませんでした。

 

話がそれました。

 

サバといえば、栄養価の高い魚として有名です。まず、筋肉に欠かせないタンパク質が豊富。他にもさまざまな代謝に影響のあるビタミンB12や、鉄分も豊富。そして「超鰹力」でも紹介したように、肉には含まれないDHAが摂れるのも嬉しいポイント。DHAは血液の流れをよくする働きがあり、脳や神経細胞を活性化させると言われます。

 

栄養価的に優れているのはわかっているので、大事なのは味。3種類、それぞれ試食してみましょう。

 

まずは「プラスSABA(サバ)しょうゆDHAおやつスティック」(324円)

スペックは、カロリー134kcal。タンパク質13.85g。脂質7.65g。炭水化物2.4g。

 

 

 

一口食べての感想は……うまい! しょう油はあまり感じませんが、サバの脂が乗っていて美味しい。おかずでも、お酒のつまみでも美味しくいただけるレベルのクオリティです。塩味、バジル味への期待も高まります。

 

 

続いては「プラスSABA(サバ)しおDHAおやスティック」(324円)

スペックは、カロリー136kcal。タンパク質13g。脂質9.3g。炭水化物0.05g。

これはもう間違いないでしょう。塩味とはつまり、サバ塩。これが美味しくないわけがありません。うまい! 食べる前にハードルを上げても、それをいとも簡単に超えていきました。これ一本で白飯がおかわりできるうまさ。忙しい主婦の方は、そのままおかずに出しても問題ないと思います。

 

 

最後は「プラスSABA(サバ)バジルDHAおやスティック」(324円)

スペックは、カロリー170kcal。タンパク質10.45g。脂質14g。炭水化物0.55g。

サバとバジルという珍しい組み合わせは果たして……。うまい! うまい3連発です。しょう油味と塩味は、それほどしょう油感、塩感を強くは感じませんでしたが、こちらはほどよくバジルが存在感を発揮していて、とてもいい感じです。サバとバジルって合うんですね。

 

というわけで3種類、すべて試食してみて、全部美味しかったです。もちろん、私がサバ好きということもあると思いますが、健康のため云々ではなく、おかずとして、お酒のつまみとして食べたいレベルの美味しさです。「超鰹力」に続く、「プラスSABA」も大満足の商品でした。

 

★商品に関する詳細は、下記までお問い合わせください。

(有)吉永鰹節店
高知県土佐市宇佐町1707-6
TEL:088-856-0171
FAX:088-856-0181

 

佐久間一彦(さくま・かずひこ)
1975年8月27日、神奈川県出身。学生時代はレスリング選手として活躍し、高校日本代表選出、全日本大学選手権準優勝などの実績を残す。青山学院大学卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。2007年~2010年まで「週刊プロレス」の編集長を務める。2010年にライトハウスに入社。スポーツジャーナリストとして数多くのプロスポーツ選手、オリンピアン、パラリンピアンの取材を手がける。