1. Home
  2. チャレンジ
  3. 夏にぴったりのプロテインの夏にぴったりの飲み方を探してみた【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第177回】

夏にぴったりのプロテインの夏にぴったりの飲み方を探してみた【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第177回】

VITUP!読者の皆様、こんにちは。日曜日のひととき、いかがお過ごしでしょうか? 毎日暑い日が続いています。トレーニング終わりの汗はまったく引かないので、せめてトレーニング後のプロテインは夏らしくいきたい……というわけで、夏にぴったりのプロテインを購入しました。

 

ビーレジェンドの「めんそ~れ!シークワーサー風味」です。

夏といえば沖縄。沖縄といえばシークワーサー。まさに夏にぴったりのプロテインです。せっかく夏にぴったりのプロテインなので、夏にぴったりの飲み方を探してみました。

開封してまずは匂いをチェック。柑橘系の匂いがするのかなと思いきや無臭です(コロナではないよ)。匂いはともかく大事なのは味。まずはオーソドックスな水割りから。

酸味があってスッキリ爽やか。後味もいいのですごく飲みやすいです。シークワーサージュースと言って出しても問題ないです。水をキンキンに冷やしておくと、より美味しさが増すので氷を入れてもいいかもしれません。

 

続いては牛乳割り。柑橘系と牛乳の組み合わせは、過去のプロテイン王決定戦でも試しているので、なんとなくの予想がつきます。

同じビーレジェンドの「情熱パッションフルーツ風味」と同じような仕上がりになりました。ビーレジェンドの柑橘系プロテインを牛乳で割ると、フルーチェになります。シェイクしているうちにシェイカーがずっしりと重くなる感じがあり、飲んでみるとドロッとした口当たりになります。酸味が牛乳によってマイルドになるので、デザートみたいな印象です。

 

続いてエントリーナンバー3番はオレンジジュース割り。柑橘系×柑橘系でどんな化学反応が生まれるのか?

柑橘系に柑橘系を合わせたので、酸味が倍増するのではないか?と予想して飲んでみると、まったくその逆でした。100パーセントオレンジジュースの酸っぱさがプロテインによって、少し甘くなるのです。ミックスジュースのような印象と言えばいいでしょうか。これはこれでありですね。

 

水、牛乳、オレンジジュースは、プロテインの割りものとしては一般的です。今回は夏らしくすっきり飲みたいということでソーダ割り(無糖の炭酸水)を用意しました。

ここで注意したいのはシェイク方法です。炭酸なのでそのままシェイクすると、思い切り吹き出します。なので100mlくらいの水で先にシェイクしてプロテインを溶かします。絶対に炭酸を入れてからシェイクはしないでください。

シェイク済のプロテインに炭酸を投入していきます。

見てください。このビールような泡立ち。すでに最高です。そして実際に飲んでみると、予想通り最高でした。水割りのすっきり感に炭酸が加わり、夏感も倍増。炭酸好きとしては文句なしに美味しいプロテインが完成しました。

 

夏にぴったりのプロテインの夏にぴったりの飲み方ナンバーワンは、個人的には炭酸割りです。第2位は水割り。シークワーサー風味はすっきり飲むのがいいなと感じました。もちろん、牛乳割りのフルーチェ感やオレンジジュース割りのミックスジュース感が好きな人もいると思います。いずれにしろ夏気分を味わえるプロテインなので、買い替え時の方はぜひ!

 

佐久間一彦(さくま・かずひこ)
1975年8月27日、神奈川県出身。学生時代はレスリング選手として活躍し、高校日本代表選出、全日本大学選手権準優勝などの実績を残す。青山学院大学卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。2007年~2010年まで「週刊プロレス」の編集長を務める。2010年にライトハウスに入社。スポーツジャーナリストとして数多くのプロスポーツ選手、オリンピアン、パラリンピアンの取材を手がける。