1. Home
  2. チャレンジ
  3. 痩せ型男性のバルクアップへの道 #1 ~パーソナルジムに行ってみた~

痩せ型男性のバルクアップへの道 #1 ~パーソナルジムに行ってみた~

VITUP! 読者の皆様、こんにちは!
編集部員の森本です。

「身体を大きくしたい!」という志でスタートさせたバルクアップ企画。
長らく我流で取り組み今に至るものの、正直限界を感じていたのも事実です。独学もいいけど、誰か正しいやり方を教えて欲しい……。

そう思っていると、なんと会社の隣に出来たパーソナルジムが「体験モニター」を募集しているとの情報が! これは行ってみるしかない、ということで、初のパーソナルトレーニングを受けてみることにしました。

JR飯田橋駅から徒歩3分の好立地にある「Y personal training gym(Yパーソナルトレーニングジム)」は、全身を鍛えることができるトレーニングエリアと、有酸素マシンスペースを備えた予約制のプライベートジムです。

はじめてのパーソナルに緊張しながらも、さっそく店内へGO!
清潔感のある店内で、ジムの代表である山田賢児トレーナーと、主に筋トレを担当する田中元大トレーナーが出迎えてくれました。

左:田中元大トレーナー、右:山田賢児トレーナー

山田トレーナー、大学時代に箱根駅伝へ2度出場したこともあるアスリート。インストラクター歴は12年目で、管理栄養士の資格も保有している心強い先生です。
田中トレーナー、インストラクター歴は9年目で、剣道と野球の経験があるスポーツマンなんだとか。

「ランニングに力を入れているジムのようなので、身体を大きくしたいというお願いは迷惑かな?」と最初は心配しましたが、両トレーナーは温かく迎えてくださり、カウンセリングに入ることになりました。

まずはカウンセリング。そして、目標達成までの道のりを考えていきます。

筋トレ面からのアプローチとして、まず田中トレーナーがカウンセリングを担当

焦点になったのは、現在の筋トレ(運動)習慣、食生活、生活習慣、スポーツ歴、ケガの有無など。ちなみに伝えた内容は主に下記のような形です。

 

・筋トレは週1日ほど自重で行なっている

・最近ジムにも行き始めたが、腕の力に頼る傾向があるせいか、胸や背中に上手く効かせられない

・食事は一応3食摂っているが、朝食は少なめ

・タンパク質の摂取量は特段意識していない

・スポーツからは、高校以来遠ざかっている

 

一通り話を聞いてもらった後、今の筋トレフォームの確認や身体測定を行ないました。

プッシュアップのフォーム確認。腰が落ちてしまい、背中が反ってしまっていたので矯正してもらいました
身体の指標を測定。データはパーソナルバンドに保管される

「摂取カロリーとタンパク質不足により、今の筋トレ習慣の成果を最大化できていないですね。筋トレもフォームの意識があと一歩必要なほか、頻度にも問題がありそうです」と田中トレーナー。パーソナルトレーニングを通して、正しい筋トレフォームを身に付けることも課題になりました。

ちなみに、私の初回測定結果はこちら。割と標準的な数値です。ここからもう一押し、筋量と体重をアップさせることができるのか……。

続いて、山田トレーナーにもアドバイスをいただきながら目標設定と具体的なスケジュール決めへ。

「細いことがコンプレックスなので、身体を大きくしたい」という思いと、「日常生活での疲れやすさを解消したい」という2点を解決するべく、週2回・トータル4ヵ月のスケジュールでトレーニングを行なうことに決定しました。

1回のトレーニング当たり、1コマ(35分)はバルクアップを目的とした筋トレ、もう1コマは疲れにくい体をつくるためのランニングマシンを用いたインターバルトレーニングを実施。

運動から離れている身としては計70分は大変そうですが、さいわい会社の隣のジムなので、移動時間がほぼゼロなのは助かります。仕事の合間にも来ることができそうです。Y personal training gymは忙しい人でも続けやすさを大切にしているとのこと。私も継続しやすいメニューを組んでいただきました!

 

最後に、山田トレーナーが言いました。

「トレーニングが終わった後、どんな自分になっていたいですか?」

私は常々「体型に自信を持って、毎朝鏡を見るたびに幸せな気分になりたい」と思っていました。そして、「日々のちょっとした動作が楽になったら嬉しいな」という思いもありました。

そこで精神面も加味し、山田トレーナーと一緒に決めた4ヵ月後の目標がこちら! 成果がわかりやすいように、まずは見た目を重視。そして日常生活で実感しやすい内容にしました。測れる指標にしました。

 

①「タンクトップが似合うくらいのカッコいい身体になる」

②「会社の社長室(4階)まで軽やかに階段を上がれるようになる」

 

目標を決めるとやる気も出ますね! 「理想の身体は1日にしてなりませんが、1日1日の刺激の積み重ねで実現できます」と山田トレーナー。親身になって思いを受け止めていただけるのはとても嬉しいです。

ちなみにトレーニングのスケジュールは「hacomono」というWebサービスから予約可能で、短時間でスムーズに設定できました。

では、挑戦前の私の写真を載せておこうと思います。

次回からはトレーニングの様子を週ごとにお届けします! お楽しみに!

文/森本雄大
指導・撮影協力/Y personal training gym