1. Home
  2. マッスル
  3. 見せつけた美と強さの両立。大谷美咲がオールジャパン2連覇で一安心の涙

見せつけた美と強さの両立。大谷美咲がオールジャパン2連覇で一安心の涙

9/19(月・祝)、神奈川・茅ヶ崎文化会館にてオールジャパンフィットネスチャンピオンシップス2022が開催された。日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の男女のフィットネス競技の日本一決定戦であり、初日はマスターズクラス、2日目は身長別一般クラスの各階級の審査が行なわれた。

女子のボディフィットネスは、女子フィジークほどの筋量は求められないが、鍛え上げられた身体を美しく見せるトータルパッケージが争われる競技。この日は身長別に3クラス32名がエントリーし、158cm以下級で大谷美咲が見事に優勝。さらに各階級優勝者が競ったオーバーオール優勝も達成し、大会2連覇となった。

現在35歳の大谷はこの前日に行なわれたマスターズ選手権の同競技でも優勝を果たしており、2022年のボディフィットネス競技を制覇。一昨年まではビキニフィットネスの選手として活躍していたが、一気に階段を駆け上り、転向2年目で名実ともにボディフィットネスの象徴的存在となったと言えよう。

表彰式では、追われる立場から解放されたことによる安心感からか、涙を流す姿も。この日のオーバーオール審査は世界選手権派遣選手選考のための審査であり、真の意味での日本一決定戦は、10/1(土)に東京で開催される「JBBF GRAND CHAMPIONSHIPS」。さらに磨きをかけたボディを2週間後、再び披露してくれるはずだ。

文・写真/木村雄大

【大会リポート】9/19(月・祝)開催 オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス2022