1. Home
  2. 大会リポート
  3. ハタチの女子大生・小清水椎菜が女子細身部門の女王に。目標はパートナーと共に立つ舞台【Super Body Contest KAMAKURA 11】

ハタチの女子大生・小清水椎菜が女子細身部門の女王に。目標はパートナーと共に立つ舞台【Super Body Contest KAMAKURA 11】

Super Body Contest(SBC)の鎌倉大会(KAMAKURA 11)が、11/13(日)に神奈川・鎌倉芸術館にて開催され、細身のスタイリッシュなボディが評価されるTREND部門にて、小清水椎菜がChampion of the show(総合優勝)を獲得した。

普段は北海道の大学に通う彼女は、今大会がコンテストデビュー戦。自身のSNSでは、男子TREND部門で総合優勝経験のあるパートナーから教えを受けながらトレーニングに励んできている様子を公開しており、見事にその成果を鎌倉のステージで見せることとなった。

CHARM(女子18歳~39歳)クラスで2位になった茶屋葵も総合優勝経験のある選手であり、それを上回っての優勝ということで、今後さらなる躍進が見込まれるニュースターの一人。今大会ではもともとパートナーと共にステージに立つことを目指していたものの、残念ながらそれは叶わなかったが、この先にチャンスがいずれやってくるのは間違いない。

文・写真/木村雄大