1. Home
  2. マッスル
  3. 佐久間編集長のパーソナルトレーナー百人斬られ(仮)Vol.29 荒木幸輔 後編

佐久間編集長のパーソナルトレーナー百人斬られ(仮)Vol.29 荒木幸輔 後編

VITUP!編集長・佐久間が全国のパーソナルトレーナーさんを巡っていく「パーソナルトレーナー百人斬られ(仮)」。今回は荒木幸輔トレーナーのトレーニング実践編です。パワーリフターとして、世界マスターズベンチプレス選手権で銅メダルを獲得した荒木さんに、高重量を挙げるためのベンチプレスを教わりました。

荒木幸輔トレーナーはジムの経営者、パーソナルトレーナーであると同時に、現役のパワーリフターとしても活躍しています。自身の理想を形にしたジムでは、競技用のベンチ台が用意されています。

 

「通常のベンチ台と比べて、ツメが短くなっているのでラックアップしやすいのが特徴です」(荒木さん)

このベンチ台を使って、パワーリフティング式のベンチプレスに挑戦します。まずは通常のフォームをチェック。

「フォームはキレイでいいんですけど、上半身の力しか使えていない印象があります。重りを持つときに肩甲骨で持ってもらうと、重量に耐えられます。バーを下ろすというより、背中のロウイングのようにバーを引き込んで下ろすようなイメージです」(荒木さん)

肩甲骨の動きを使うためには、背中の全面がベンチ台につかないようにします。最初はお尻を上げて肩甲骨をしまっていくようにして、胸とバーが近づく状態をつくり、これができたらお尻をゆっくりベンチにつけます。このとき、アゴはしっかり引いておきます。

上半身に続いては下半身も大事。つま先立ちで踏ん張るようだと安定しづらいので、足の裏を全面つけて、地面を蹴りながらバーベルを押します。教わったフォームでまずは軽い重量からスタート。背中、足も使っているので、いつもよりもバーベルが軽く感じます。

「足を引くとアーチが高くなる感じがするのですが、それだと地面を蹴れません。なので、足を少し投げ出すようにして遠くに着いたほうが、上にしっかり蹴れます。蹴りながらバーを引き込むと、上と下が近づくようになるので、胸郭が起き上がります。そうすると、上げる距離が短くなるので、より重量が挙がりやすくなるんです」(荒木さん)

 

重量を上げて80㎏で挑戦。最近はフォーム重視であまりチャレンジしていなかった重さですが、ビックリするほど軽く持ち上がりました。

 

せっかくだからMAX重量に挑戦というわけで、90㎏にトライします。普段は一人でトレーニングしていて高重量を扱うことがないため、普通ならチャレンジすることがない重量です。荒木さんのアドバイスを受けてフォームをつくって、背中や足の力も使うと、なんとか一発挙げることができました。

これは本当に驚きでした。普段とはやり方を変えたことでバーに全身の力が伝わった感じがしました。

 

高重量チャレンジに成功したところで、今度は逆に胸筋だけを使って、ピンポイントで鍛えるベンチプレスを教えてもらいます。

 

先ほどと同じように構えてフォームを組み、バーベルをラックアップしたら、足を下方向に伸ばして浮いた状態をつくります。ここから胸にバーを下ろしたら2秒程度静止してから持ち上げます。

「足の力を使わずに胸筋だけを使うことで、地力をつける、鍛えるためのベンチプレスです。ベンチ台に足を乗せて行なう人もいますが、足を上げてしまうと骨盤が後傾して肩が落ちなくなってしまいます。足を下ろしていると上体はしっかり保ったままできるので、このやり方がオススメです」(荒木さん)

 

というわけで今回はここまで。現役引退から25年、健康のためにトレーニングをしているため、重量へのこだわりはなかったのですが、やはり重たいものが持ち上がるのは気分のいいものです。荒木さんからも「今までは上半身の力だけで上げていたと思います。下半身や背中をうまく使うだけで重量は伸びるので100㎏は確実に上がりますよ」と言っていただき、大満足のトレーニングとなりました。

 

荒木さん、どうもありがとうございました。

 

【トレーナーPROFILE】
荒木幸輔(あらき・こうすけ)
フリーランスのパーソナルトレーナーとして活動後、パーソナルトレーニングジムのフランチャイズオーナーとして5あ店舗の経営と人材育成を学ぶ。2021年4月に『24時間フィットネスジム クレッシェンド 横浜天王町店』を開業。パワーリフティングの現役選手としても活動中で、2022年5月の世界マスターズベンチプレス選手権の日本代表として出場し、銅メダルを獲得した。
Instagram

 

【パーソナル情報】
24時間フィットネスジム cresc.
〔住所〕横浜市保土ヶ谷区天王町1-8-8アンドウビル1F
★入会金=5,500円
〔料金〕
★24時間ジム通常会員(月額)=6,490円
★24時間ジム年間一括会員=71,390円
〔荒木トレーナーのパーソナル料金〕
全4回(1回45分)=34,000円
全8回(1回45分)=60,000円
全16回(1回45分)=104,000円
お試し(1回30分)=4,500円
※価格はすべて税込
Instagram

 

佐久間一彦(さくま・かずひこ)
1975年8月27日、神奈川県出身。学生時代はレスリング選手として活躍し、高校日本代表選出、全日本大学選手権準優勝などの実績を残す。青山学院大学卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。2007年~2010年まで「週刊プロレス」の編集長を務める。2010年にライトハウスに入社。スポーツジャーナリストとして数多くのプロスポーツ選手、オリンピアン、パラリンピアンの取材を手がける。