新日本プロレストレーナー・三澤威が開発のトレーニングチューブ3種類発売

新日本プロレスのトレーナー・三澤威(みさわたけし)が開発したトレーニングチューブが発売されます。

・スポーツジムにあるほとんどのマシンを代用できてしまう画期的なトレーニングチューブ
・一時全身麻痺で夢を諦めた新日本プロレストレーナー・三澤威が開発
・付属の「やる気増幅カード」は、プロレス界で伝統的に行われているトレーニングを応用

『4D BODY MAKE チューブ』は、脳科学や運動生理学などのセオリーもベースにしながら改良を重ね、完成した完全オリジナルのトレーニング器具です。3方向に伸びるチューブと大小3つのボールを使い、本書にあるポイントを押さえながら継続すると、早い人で1カ月、のんびり屋さんでも3カ月でボディラインの変化が実感できます。

それぞれの種目では、胸や背中などの鍛える筋肉に加え、ボールを内腿に挟むことで太腿の内側に、チューブを両手で引っ張ることで上腕の筋肉にも働きかけることができます。
ひとつの動作で3つの効果を同時に得られるため、効果実感を期待できるのです。

2~3カ所の部位を同時に鍛えられる

・女性も男性も使えます

やる気増幅カードでモチベーションアップ!NLP(神経言語プログラミング)を筋トレに応用

付属の「やる気増幅カード」は、プロレス界で伝統的に行っているトレーニングを応用。
カードをめくり、出た数字の回数だけ種目をこなすものですが、モチベーションを高めるメッセージもプラス。潜在意識に働きかけるパワーワードにより“限界からのあと1回”を可能にします。

ちょっとユーモラスな見た目や手ざわりは使うほどクセになり、「ひざや太ももに挟む」「手や足で引っ張る」といった動作はワクワク、カードをめくるときはドキドキ。トレーニングにありがちなつらさや面倒くささとは無縁、新感覚のトレーニングメソッドです。

使用例1)ツイストシットアップ1
<お腹+わき腹+内もも に効く!>
・・・めくったカードの回数を行う

1.イスに座り、両ひざの少し上に大ボールを挟む。順手でチューブを左右に引っ張りながら、両腕が由佳と平行になるまでチューブを上方へ伸ばす。お腹を凹ますよう力を入れる

2.内ももを締め、両腕を床と平行に保ったまま、上半身を右側にひねる。気持ちよくひねりきったら一瞬キープ(チューブを左右に引っ張りながら)

3.ゆっくり1の姿勢に戻し、続けて上半身を左側にひねる。気持ちよくひねりきったら一瞬キープ。ひじは曲げないこと。

使用例2)バックレッグデザイン
<お尻+太もも裏+ふくらはぎ+足底筋 に効く!>
・・・めくったカードの回数を行う

1.順手でチューブを握り、左足の指に大ボールを挟んで四つんばいの姿勢に。足の親指を曲げ、左ひざを深く曲げる

2.お尻や太もも裏の筋肉を意識しながら、ゆっくりと左脚でチューブを引っ張り上げ、一瞬キープ。左を終えたら右脚も同じ回数行う(足裏を丸めてふくらはぎに効かせる)


タイプ別にチューブ強度の違う3つのチューブを開発

すぐに効果が欲しいあなたへ【チューブ強度:強】
『4D BODY MAKE チューブ TYPE即効』
超短期間のハードトレーニングもいとわない反面、リバウンドしやすいという人向きです。リバウンドとは一生無縁の理想ボディを最短最速で手に入れてください。
販売サイトへ
価格:本体2,200円+税
978-4-07-438067-1

理論的すぎるあなたへ【チューブ強度:中】
『4D BODY MAKE チューブ TYPE理論』
理論を納得できれば地道に努力を継続できる人向きです。いかに正しいやり方と出会えるかが、理想のボディ、理想の生き方を手に入れるカギとも言えます。
販売サイトへ
価格:本体2,200円+税
ISBN:978-4-07-438073-2

3日坊主なあなたへ【チューブ強度:弱】
『4D BODY MAKE チューブ TYPEらくらく』
「今度こそ体を、人生を変えたいけれど、やっぱりキツいことは苦手。できたらラクに続けていきたい」と考えている人にぴったりです。
販売サイトへ
価格:本体1,980円+税
ISBN:978-4-07-438080-0

三澤威(みさわたけし)
1969年11月28日、秋田県大館市出身。
1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。
四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。
その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。
1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。
1999年にミサワ整骨院を開院。
現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。