東京オリンピックの当選率は30%!? チケット申し込み状況を緊急アンケート

2019年5月29日(水)11:59に抽選申込受付が締め切られ、購入期限が2019年7月2日(火)に差し迫った東京2020大会オリンピック観戦チケット。実際にどれだけの人数がオリンピック観戦チケットに申し込み、当選したのでしょうか?

マネープレスが、300人にオンラインアンケートを実施。その結果を発表しました。


【チケットの申込状況】


70%を超える221人が「東京2020大会オリンピック観戦チケットに申し込んでいない」と回答。東京2020大会オリンピック観戦チケットに申し込んだのは回答者の26.3%に当たる79人だった。


東京2020大会オリンピック観戦チケットに申し込んだ79人のうち、当選したのは24人で当選確率は30.4%という結果だった。

 

【申し込みチケットの総額と当選状況】

東京2020大会オリンピック観戦チケットの申込者79人のうち、申込金額を回答したのは62人で5万円以下が最も多い回答だった。

申し込み総額別に当選確率を見ると、5万円以下と10万円超〜15万円が最も高く42.86%、次いで5万円超〜10万円と15万円超〜20万円の33.33%、30万円超〜50万円が20.0%だった。申し込み金額が大きければ大きいほど当選しにくい傾向が見て取れる。

 

【東京2020大会オリンピック観戦チケットの支払い方法】

東京2020大会オリンピック観戦チケットはVisa決済もしくは現金決済のどちらかになるが、当選者24人のうち、70.8%に当たる17人はVisaのクレジットカードで支払うと回答。
日本銀行が発表している「キャッシュレス決済の現状(https://www.boj.or.jp/research/brp/psr/data/psrb180928a.pdf)」(2018年9月)のレポートでは、「キャッシュレス支払額と民間最終消費支出に占める比率」が20%(2016年現在)となっていることから、東京2020大会オリンピック観戦チケットのクレジットカード払いの比率は非常に高い水準であることがわかる。

 


【アンケート概要】
調査期間:2019年6月24日(月)〜2019年6月25日(火)
調査方法:インターネット調査
調査エリア:全国
回答者数:300人

■「マネープレス」とは
マネープレスは「キャッシュレスの促進に役立つ情報をおもしろく、わかりやすく伝える」ことを目指し2014年に運営をスタート。2018年のキャッシュレス時代の幕開けとともにマネープレスの訪問者数、ページビュー数も増え、開始から約5年が経った2019年4月には月間約150万PV/100万UUを突破。PV成長率は昨年比796%を記録している。
https://www.money-press.info/