小学生へパラスポーツ体験を実施し心のバリアフリーを推進

車いすバスケット
新潟医療福祉大学は学内外で実施している「障がい者陸上教室」や「車椅子バスケットボール活動」などの実践的な活動を通して、地域住民への障がい者スポーツの普及活動を推進しています。
2019年9月5日に新潟医療福祉大学教員と学生が新発田市内の小学校へ赴き、パラスポーツの体験講座が実施されます。
ボッチャ

■目的
文部科学省での「地域における障がい者スポーツ普及促進に関する有識者会議」では、東京五輪パラ競技大会開催で最も期待される効果は「障がい者への理解の向上」であり、「社会全体で障がい者スポーツの普及促進に取り組むことが重要である」としています。
当事業において、障がい者スポーツ体験を通じ障がい者との接し方を学ぶことで、障がい者スポーツ及び障がいへの理解を深め、心のバリアフリーを推進することを目的として開催されます。

■実施概要
日程: 2019年9月5日(木)14:05~15:40 
会場: 新発田市立 東小学校 5年生 約70名(体育館にて実施)
主催: 新発田市
実施内容: パラスポーツ体験
体験種目:車椅子バスケットボール、ボッチャ及びブラインドサッカー
講師:佐近慎平(さこん しんぺい)
新潟医療福祉大学 健康科学部 健康スポーツ学科 准教授
新潟県教育委員会オリンピック・パラリンピック教育推進委員会 委員長

佐近 慎平 准教授

新潟医療福祉大学

【問い合わせ先】
新潟医療福祉大学 広報課 南
TEL. 025-257-4459  FAX. 025-257-4456