食べることで減量効果が期待できる「やせるスープ」って何?

ダイエットをする時、食事制限をして苦しい思いをしたことはありませんか?


11月1日に主婦の友社から発売された『#脂肪燃焼やせるスープ大全科』は食事の最初に食べることで減量効果が期待できる、野菜たっぷりの「やせるスープ」を紹介した本です。
著者の岡本羽加先生ご自身も16年前にこのスープを考案以来、リバウンド知らずという驚きのスープなんだそうです。

・空腹感なし、栄養満点。どれだけ食べてもOK
・美肌、便秘や冷えの解消にもなり、やせるだけでなく「きれいになる」


【脂肪燃焼スープのポイント1】健康的にキレイに確実にやせられる
「脂肪燃焼スープ」は、病気や肥満の原因のひとつである老廃物を体内から排出する助けをしてくれます。野菜のチカラで体内にたまった毒素が排出され、腸内が整い、めぐりがよくなり、やせやすい体になっていきます。

【脂肪燃焼スープのポイント2】1日に必要な野菜350gが無理なくとれる
ス野菜を切って鍋に入れ、ふたをしてコトコト煮るだけのスープ。野菜本来のうまみや甘みを感じられる上、スープボウル1杯で約200gの野菜が入っているので、1日2杯とれば成人が1日に必要な野菜の摂取量を上回り、野菜不足も解消。

【脂肪燃焼スープのポイント3】身近な食材を使っていて安価で簡単

「きほんのスープ」で使う野菜は5つ。
1、たまねぎ
2、キャベツ
3、トマト
4、にんじん
5、セロリ

いつでも手に入る安価な野菜を使っているから、手軽に始められるうえ、家計にもやさしいのです。

【脂肪燃焼スープのポイント4】アレンジしやすいから毎日食べても飽きない

「味噌を加えて味噌汁に」「キムチを入れて冷え予防に」「ポン酢を加えてさっぱりと」など、基本のスープがシンプルな味つけなので、味のアレンジが自由自在です。食べ飽きずに続けることができます。

【脂肪燃焼スープのポイント5】まとめて作るから忙しい人にもおすすめ
1回に、3~4食分、7~8食分と、まとめて作るから、仕事や家事で忙しい人にぴったり。休日に作って保存しておけば、平日の食事作りがラクになります。

【脂肪燃焼スープのポイント6】糖尿病や高血圧の改善や予防につながる
食事の最初に食物繊維が豊富な野菜スープをとることで、糖質の吸収がゆっくりと進むため、血糖値の上昇がゆるやかに。結果、糖尿病の改善につながります。
また、スープの塩分量は0.5g、野菜本来の味わいで味覚が敏感になり、結果的に食事全体の塩分量が控えめになり、高血圧の改善につながります。

ライフスタイルにあったプログラムを紹介
<無理なく確実にやせたい人>
⇒1週間“キレイやせ”プログラム・・・朝食と夕食にスープ

<1カ月で3キロやせたい人>
⇒1週間“徹底”プログラム・・・朝食にジュースとスープ、夕食にスープ

<平日はむずかしい!という人>
⇒3日間“週末デトックス”プログラム・・・食事をスープとジュースに置きかえる

著者:岡本羽加

一般社団法人美巡ライフ協会代表理事
さらさら堂代表
鍼灸・マッサージ師、国際薬膳師

【書誌情報】
タイトル:#脂肪燃焼やせるスープ大全科
定価:本体1380円+税
発売日:2019/11/1
仕様:B5変・144ページ