ヨガ・ピラティスで花粉症を撃退!?


世の中には、花粉症に悩まされている人が多いと思います。
ヨガ・ピラティス専門スタジオ「zen place」では、花粉症に負けない身体をつくる「花粉症撃退クラス」がスタートさせました。

これは花粉粉症罹患者の身体的特徴である「首・肩・胸周りの硬さ」と「身体の軸である背骨」にフォーカスしたクラスで、さらに脳へのアプローチを意識したエクササイズを取り入れ、根本原因である脳機能の最適化を図ります。

花粉症薬を服用せず症状改善したい人は気になるところですね。

■こんな人にオススメ
・眠くなる副作用を敬遠して花粉症薬を利用できない人
・妊娠中や授乳中のため、薬の服用に制限がある人
・花粉症の時期も屋外での活動が多い人
・アスリート など

■花粉症とは?
花粉症とは「季節性アレルギー性鼻炎」のことです。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で生じるアレルギー症状を「花粉症」と呼びます。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、目の充血です。

■花粉症が起こる原因
花粉症は、本来無害な花粉に対して免疫機能が過剰に機能することで引き起きる自己免疫性欠陥です。この過剰反応は、体の免疫機能のバランスが崩れてしまったことで起こります。

■免疫力低下の理由
体には、ウイルスや細菌を侵入させない「粘膜免疫」と侵入した敵と戦う「全身免疫」という2段階の免疫の仕組みあります。花粉症は、「粘膜免疫」であるリンパ球が過剰に反応することです。免疫反応のアンバランスが起こる要因は、睡眠不足や栄養不足、運動不足などの生活習慣の乱れや強いストレス、激しい運動により免疫機能が低下していると考えられます。強いストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、IgA分泌が低下することで免疫力が弱まります。冷えも慢性ストレスの一つです。体が冷えると血管が収縮して血流が悪くなり、体の隅々に栄養や免疫細胞が運ばれにくくなることで、免疫力が低下するのです。

■ピラティスが花粉症に効果的な理由
免疫機能のバランスを改善するためには、脳機能を最適化が必要です。脳機能が正常に活動することによって自律神経のバランスが整えられます。
自律神経は末梢神経の分類に入り、身体の生命維持システムである心臓や肺、内臓や全身の血管などを無意識にコントロールしています。そのため、自律神経が整うと免疫機能が正常に戻り、花粉症対策にも有効だと考えられています。ヨガピラティスの動きには、重要となる神経が集束している「胸椎・頚椎・背骨」を重点的に動かします。背骨に沿って神経系を刺激することで、脳全体に刺激を与えることができます。
脳神経に刺激を与えることで神経回路が活発に働き、神経伝達物質の分泌がされることで脳機能の最適を図ることができます。その結果、自律神経のバランスが整い、花粉症の主な原因である抗原抗体反応が正常化され花粉症が改善するといわれています。さらにピラティスは胸式呼吸、ヨガは腹式呼吸を使って深い呼吸をすることで、呼吸面からも自律神経にアプローチすることで全体バランスの回復を目指すものです。結果として花粉症が改善すると考えられています。

■プログラム概要
名称      :「花粉症撃退クラス」
導入店舗    :zen place yoga全店、zen place pilates全店予定
専用WEBページ