1. Home
  2. ヘルス
  3. ヨガ専門誌『ヨガジャーナル日本版』が復刊

ヨガ専門誌『ヨガジャーナル日本版』が復刊

ヨガファンにうれしいニュースです。『ヨガジャーナル日本版』の復刊が発表されました。

ヨガジャーナルは1975年にアメリカ・サンフランシスコで創刊されたヨガライフスタイル専門誌。アメリカ本国における発行部数は35万部(2019年 ABC監査)を超え、世界13カ国で刊行されているグローバルマガジンです。

日本版は出版元である株式会社セブン&アイ出版の事業終了により、2020年1月発刊のvol.69を最後に休刊となりました。しかしその後、株式会社インタースペースが日本版のライセンスを取得。このたびの復刊となりました。

制作・編集・広告営業をインタースペースが行ない、販売元はプレジデント社になるとのこと。復刊記念の最新号vol.70は7月20日に発売されます。

VITUP!はウェブマガジンですが、紙の雑誌にも実物ならではの味と魅力があります。世の中から紙の雑誌がなくなってしまうのはさびしいもの。同誌が末永く続くことを願っています!

 

■『ヨガジャーナル日本版』7月20日発売号(vol.70)の特集内容

第1特集/
ポーズも心もブレない軸を手にいれる!ヨガが深まる筋肉の鍛え方&使い方

第2特集/
心を強くする「ヨガの瞑想」と「マインドフルネス」

その他の特集
・ 自律神経を整えて免疫力を下げない! 第2の脳「腸」を整えるヨガと食事
・ ヨガインストラクターに緊急アンケート! コロナショック「そのとき私が実践していたこと」
・ ヨガを実践するアスリートに聞いた「食べ物」&「トレーニング」

ほか ※特集内容は変更になる可能性があります。

講師陣(敬称略)
ケン・ハラクマ/綿本彰/ヤスシ/中村尚人/野沢和香/佐藤ゴウ ほか

■ヨガジャーナル日本版 編集長
古川 久美子(ふるかわ・くみこ)

一般女性誌の編集を経て2017年3月より『ヨガジャーナル日本版』に携わる。2019年5月より『ヨガジャーナル日本版』の編集長を務める。

編集長コメント:
未知なる疫病のパンデミックという未曾有の出来事から幕を開けた2020年。未だその渦中にいる私たちに今こそ必要なのは、心身の安定と健康を目指す“ヨガの智慧”ではないでしょうか。新生『ヨガジャーナル日本版』は、本国アメリカの最新ヨガ事情をお届けするとともに、これまで以上にオリジナル記事を拡充。「ヨガジャーナルオンライン」やリアルイベントとの連携を図りながら、日本のウェルネスシーンを牽引していく幅広いヨガの情報をお届けしてまいります。

■書籍情報
タイトル:『ヨガジャーナル日本版』vol.70(8/9月号)
発売:2020年7月20日
価格:1,100円(税込)
発行会社:株式会社インタースペース
販売会社:株式会社プレジデント社

■「ヨガジャーナル オンライン」(https://yogajournal.jp/)
月間200本以上のヨガポーズやヨガのあるライフスタイルをテーマとした記事を公開しているオンラインメディア。世界13ヵ国で展開している「yoga Journal」からの翻訳記事も掲載している他、7月20日発売の『ヨガジャーナル日本版』との連携コンテンツを提供します。