1. Home
  2. フード
  3. マッスルデリの5食セットが当たったよ【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第141回】

マッスルデリの5食セットが当たったよ【佐久間編集長コラム「週刊VITUP!」第141回】

VITUP!読者の皆様、こんにちは。日曜日のひととき、いかがお過ごしでしょうか?

 

10月22日の記事でご案内した「上腕二頭筋の写真投稿で、マッスルデリ5食分GETのチャンス」を覚えているでしょうか?

私は上腕二頭筋よりも上腕三頭筋が自慢のパーツなのですが、なんだか面白そうなので二頭筋の写真を投稿してみました。それがこちら。

微妙な力こぶ感ではあるものの、見事に当選! 「佐久間様の素敵な上腕二頭筋が決め手となり、是非マッスルデリのお弁当を今後のボディメイクのお役立ていただければと考えております」というメッセージをいただきました。

そして届きました、マッスルデリのお弁当5食セット。こういうものは当たっただけで嬉しい。すでにお腹いっぱいです。というわけで月曜~金曜までの5日間、マッスルデリのお弁当を食べてみました。

 

まず初日のメニューは「鶏肉オイスターソース炒めセット」。スペックは以下の通りです。

内容量=340g 炭水化物=45.9g タンパク質=43.5g 脂質=16.5g 511キロカロリー

 

第一印象は玄米少な! 絶対にお腹が空いてしまうやつです。しかしながらこの一食でタンパク質を43.5gも摂れるというのは嬉しい限り。サイドメニューのニラ卵がいい感じ。ニラにしっかりとした味がついていて、卵のふんわり感との相性も良し。けっこう好きな味わいです。そしてメインの鶏肉のオイスターソース炒め。こちらは野菜も豊富で何より鶏肉がたっぷり。全体的には薄味なのかもしれませんが、私はもともとあまり調味料をたっぷり使用するタイプではないので、味には満足でした。

 

2日目は「キーマカレーセット」。日常でも週に一度はランチでカレーを食べます。5食セットにカレーがあるのはありがたいです。スペックは以下の通り。

内容=310g 炭水化物=47.8g タンパク質=40g 脂質=19.5g 541キロカロリー

ではさっそくいただきましょう。

 

レンジでチンしてオープンすると、すごく良い匂いが漂ってきて食欲をそそられます。キーマカレーは普通。可もなく不可もなくという印象でしたが、サイドメニューの鶏肉のエスニックバジル炒めが驚きの美味さでした。カレーよりも完全にこっちが主役です。メニュー名を「鶏肉のエスニックバジル炒めセット。キーマカレー付き」に変えてもいいくらいです。

 

 

折り返しの3日目は「[YUKO]鶏ハムとナポリタンセット」。でました愛すべきナポリタン。さびれた喫茶店でケチャップの味しかしない、まずいナポリタンを食べるのが好きです。スペックは以下の通り。

内容量=360g 炭水化物=49.4g タンパク質=40.5g 脂質=10.6g 456キロカロリー

ナポリタンに入っているウインナー的なものの正体は、魚肉のソーセージ。懐かしい感じがします。ナポリタンに関しては大きな特徴はなく、至って普通のナポリタンです。粉チーズをかけたいところですが、カロリーが大幅アップするのでここは我慢。サイドメニューの蒸し鶏は味付けが薄く感じました。焼き物は薄味でもいけるのに、蒸し料理の薄味は物足りなく感じるのはなぜなんでしょう。メインはパスタですが、456キロカロリーと、かなり低カロリーです。

 

4日目は「サーモンのこしょう焼きセット」。ここにきて初の魚メニュー。いいですね。スペックは以下の通りです。

内容量=210g 炭水化物=43.9g タンパク質=41.9g 脂質=12.3g 466キロカロリー

内容量は5食セットのなかでも一番少量。それでもメインのサーモンのこしょう焼きが三枚入っているのが嬉しいところ。調理法の影響なのか、脂がのっている感じはないものの、味はおつまみ的な塩気がいい感じです。サイドメニューのオクラと鶏肉のゴマ和えも美味しい。ここまで4日間食べてきて気づいたのは、サイドメニューが地味に美味しいということ。メイン一本に頼らないのはいいことです。和風メニューも悪くないなと感じました。

 

 

いよいよマッスルデリと過ごした日々も最終日です。最後は「鶏ステーキセット」。ステーキという響きはみんな好きなはずです。スペックは以下の通り。

内容量=300g 炭水化物=43g タンパク質=43.5g 脂質=11.3g 471キロカロリー

鶏ステーキはトマトソースとニンニクで味付けがしてあって、とても美味しい。鶏肉の量的もたっぷりで食べ応えがあります。そして、毎回美味しいサイドメニューは、マッシュルームとチンゲン菜にしょう油や酒で味付けしてもの。マッスルデリのサイドメニューは外さないですね。安定感があります。こちらもおじさんに優しい味付けで美味しかったです。

 

 

というわけで5日間のマッスルデリランチは終了。5食味わってみての感想は4勝1敗。全体的に美味しいメニューばかりでした。強烈なインパクトがあるわけではないけど、食べやすいというのが特徴。低カロリーだと味気ないかと思いきや、そんなことはありません。自分でカロリーコントロールは無理だけど、食事を見直したいという方にはオススメできます。気になった方はぜひマッスルデリを利用してみてください。

 

佐久間一彦(さくま・かずひこ)
1975年8月27日、神奈川県出身。学生時代はレスリング選手として活躍し、高校日本代表選出、全日本大学選手権準優勝などの実績を残す。青山学院大学卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。2007年~2010年まで「週刊プロレス」の編集長を務める。2010年にライトハウスに入社。スポーツジャーナリストとして数多くのプロスポーツ選手、オリンピアン、パラリンピアンの取材を手がける。