1. Home
  2. 格闘技
  3. 「もっとバキバキになりたいですね(笑)」 格闘美ボディFILE後編【ケイト・ロータス】

「もっとバキバキになりたいですね(笑)」 格闘美ボディFILE後編【ケイト・ロータス】

美しい肉体と可愛らしいルックスで注目を集めるケイト・ロータス選手。過去に美ボディコンテストに出場したことがある彼女は、格闘家としてスタートしたばかりだ。前編ではトレーニング理論を中心にデビューするまでの足跡を辿ってもらったが、後編ではボディビル時代と肉体論を語ってもらった。

――ケイト選手は美ボディコンテストに出場経験があることで話題にもなっていますが、ボディビルを始めたのはいつですか?

ケイト:19歳からです。当時働いていたパーソナルジムの先輩に誘っていただいたのがきっかけで、やり始めました。大会成績は8位でしたが、食事に関することをHERO GYMの児玉滋さん、トレーニングの仕方をパーソナルトレーナーの柳沼慶則さんといった凄い方にして教えてもらっていたので知識が凄く増えました。10月31日のDEEPでMMAアマチュアデビュー戦をさせてもらったのですが、その知識のおかげで減量はすんなりできました。

――筋肉は付きやすい体質ですか?

ケイト:凄く付きやすいと思いますが、元々は凄く細かったんです。柔道でケガして運動できなかった時に太ってしまいダイエットをして……と、若い子あるあるのネタになるようなことを繰り返していて、筋トレするようになってからは結構しっかりと身体作りができていると思います。

――ちなみにどの部位に付きやすいでしょう?

ケイト:下半身だと思いますが、蹴りは得意じゃないので筋肉は活かしきれてないですね(笑)。活かせるように今後に期待していただけたらと。

――筋肉が付くと嬉しいですか?

ケイト:嬉しいです。もっとバキバキになりたいですね(笑)。減量するとまだ細いと感じるので、減量しても『うわっ、筋肉凄い』と言われるような身体になりたいです。

――筋肉が付くと女性らしい服が着られないと思うのですが、抵抗はありませんか?

ケイト:元々がそんなに女性らしい服装ではないので、あまり気にしたことはありません。見てもらったらわかると思いますが、MMAを始めての5ヵ月間で両耳が潰れているんですよね(苦笑)。こんなのも全然気にしていません。

――筋肉があるとスパーなどで動きやすいと思いますか?

ケイト:ピークで太っていた時と比べても、やはり技のキレはいいと思います。今までは自分のコンプレックスをなくすための身体作りでしたが、これからは試合で活きる身体を作っていきたいと思っています。

――理想としている身体の女子格闘家はいますか?

ケイト:女子格闘家のことを身体メインで見ていないのでいません。男子選手でも身体が細いのに腰が強い選手はいますし、その逆もいますよね。そういうところが気になってしまいます。

――試合が近づくに連れて食事メニューに変化はありますか?

ケイト:大きく変わっていないのですが、全体的な量は減量と共に減らしていきました。最後は塩抜きしてイモを食べることがメインになってきました。

――ちなみに試合に合わせて何キロを減量したのでしょうか。

ケイト:今回はピークがやばすぎて12キロです(笑)。SNSでその時の写真を載せていたのですが、あまりにも別人すぎたので削除しました(笑)。もう試合がなくても、これからはリバウンドしないように60キロ以内に抑えておこうと思います。試合では56キロ契約でしたが、まだ落とせる感覚があったので、今後もう一階級落として52kgでやっていくかどうかを考えています。

――筋肉を付けるために、こだわっていることや食べ物はありますか?

ケイト:練習後は絶対、質のいいプロテインを飲むようにしています。普段の食事ではたまに外食もありますが、基本的には自分でしっかりとメニューを考えて鶏肉メインに。鶏肉だけだと栄養が偏ってしまうので、疲れている時は豚肉、魚を摂るようにしています。

 

――女子だとタピオカやケーキなどのデザートは食べませんか?

ケイト:はい!めちゃくちゃ好きで、前日計量の時は計量が終わったら、すぐに食べられるように『キットカット』を用意していました(笑)。デザートは抹茶系以外だったら何でも好きです(笑)。とにかく甘いものが好きなので、だから12キロも減量しないといけないんですよ(笑)。もう目の前にデザートがあると目がなくなるので、フードファイターになれると思います(笑)。

――そちらの活躍も期待しています(爆)。格闘技での今後の目標を教えて下さい。

ケイト:フライ級のチャンピオンになってDEEP JEWELSをしっかりと引っ張っていける選手になりたいと思います。今は注目度だけで実力、技術面は全然付いてきてない状態なので中身もしっかりと作って、DEEP JEWELSの看板選手と言われるようなった時に恥ずかしくない選手にまずはなりたいと思います。

――憧れている選手はいますか?

ケイト:階級は違ってもう引退されているのですが、藤井恵さんです。過去の試合映像を見ていてもカッコいいですよね。あとはハム・ソヒ選手のファイトスタイルが好きで、気持ちが凄く強いんだなと感じさせる闘いをしていて、打撃も参考になっています。

――今後、ますますのご活躍を期待しております!

ケイト:はい、任せてください‼

 

取材&撮影・安村発

 

ケイト・ロータス
KING GYM KOBE所属。MMAファイター。幼少の頃から空手と柔道を学び、大会で結果を残してきた。19歳でボディビルの世界へ入り、美ボディコンテストで8位となった。減量のために始めたMMA(総合格闘技)にはまり、2020年10月31日『DEEP JEWELS 30』で格闘家デビューを果たした。

 

12・19『DEEP JEWELS』で早くもプロデビューが決定!
アマチュアの試合で異例の注目を浴びたケイト・ロータス選手のプロデビュー戦が決まった。12月19日(土)、東京・新宿FACEで開催される『skyticket Presents DEEP JEWELS 31』で熊谷麻理奈選手と対戦する。WSR札幌所属の熊谷選手は、KINGレイナ選手にキックルールで勝利を収めた強豪中の強豪。プロデビュー戦の相手としては、かなり厳しいマッチメイクだが、期待の裏返しだろう。”美ボディファイター”ケイト選手がプロデューを勝利で飾れるか要チェックだ!!