1. Home
  2. チャレンジ
  3. ドキドキ!プロテインバーデビュー#5【VS サクサクのホープ】

ドキドキ!プロテインバーデビュー#5【VS サクサクのホープ】

コンビニでも手軽に買える「プロテインバー」。でもそこには、初心者ならではの悩みがあって……?
VITUP! 編集部が送る、笑いあり・涙ありの長編ストーリー!

左から「マユ」「あずみん」「コウタ」「ゆうだい」

*登場人物

マユ:ちょっと天然なイマドキ女子。寝坊癖があり、朝ごはんが食べられないのが悩み。好きな言葉は「さみだれ」。
あずみん:冷静で頼れる女の子。しかし、趣味の競馬になると我を忘れてしまう。金欠でご飯代が無いのが悩み。
コウタ:関西出身のイケメン男子。編集部きっての実力派で、女子の憧れの的。ゆうだいと仲が良い。
ゆうだい:コウタの同期。モテたくて筋トレするが誰にも気付かれない。プロテインに詳しいメンバー最年長。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【前回までのあらすじ】

「全部食べたらいいんだ! その代わり世の中に情報を伝えろっ!」

ある日、マユとあずみんは、タンパクパンダから20本のプロテインバーを託される。困惑する2人だったが、ついに戦いに挑むことを決意。

2本目のバーを食べ終え、少し生活にも変化が……?

※第4話はこちら

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「おはようございますっ!」

 

今日もマユが勢いよく入ってくる。でもあれ?いつもより時間が早いような・・・・・・?

 

あずみん「今日は早いね! 流石に寝坊には懲りた~?(笑)」

 

マユ「なによ~(笑)。最近プロテインバー食べるからかな? 前より朝疲れてない気がするの!」

 

あずみん「それは嬉しいね!私もちょっと、レースの掛け金減らしてみようかなぁ」

 

マユ「そうだよっ!それで、お昼をおにぎり一個から二個にしよう!」

 

あずみん「どうせならもっと食べるよ(笑)。そういえばマユ、今日の朝ごはんは?」

 

マユ「クッキー1個!起きれたけどギリギリでしたっ!(どや顔)」

 

あずみん「(まだまだだったか・・・・・・!)」

 

ひっくり返りたくなるあずみん。ここで今日のプロテインバーを見てみよう。

 

 

 

エントリーNo3:森永 INバープロテイン ウエファーバニラ
*スペック抜粋(1本37g 当り)
エネルギー193kcal、たんぱく質10.3g、脂質10.5g、炭水化物14.7 g、糖質13.7 g
※詳細はメーカーHP参照

 

コウタ「切る瞬間からサクサク感がすごいな。サクサク界のホープってやつか」

 

ゆうだい「初のウエハースタイプだね。早速食べてみよう!」

 

せーのっ、いただきまーす!!

 

 

コウタ「これ俺好きや。ウエハースに若干チョコの味がついとる。味がバニラって言うこともあって、チョコとのハーモニーが感じられるな。甘さは控えめ、んでもって口当たりも軽く食べやすい。何本でもいけてまうでぇ!」

 

ゆうだい「なるほど確かにな。苦みと甘味のバランスが良いね。お菓子でいうとオレオ的な感じ」

 

あずみん「私はウエハースっていうか、コーンフレークみたいな味を思い出しました。ただちょっと粉っぽいのが気になりましたね。牛乳が欲しいです(笑)」

 

コウタ「わからんでもないで。このバーは粉が飛びやすいねんな。せやから、食べるシーンは選ぶかもしれへん」

 

ゆうだい「確かに。ジムで食べてたらボロボロ落ちるとかね(笑)」

 

メンバーが感想を言い合う中、ひときわ静かなマユ。

意気込んだかと思うと、おもむろに口を開いた。

 

マユ「とろけますね。染みてくる感じがします。ハムストリングスに効きますね」

 

ゆうだい「とろける感じするよね。ところで、ハムストリングスって知ってるの?(笑)」

 

マユ「ハム・・・・・・。おいしそうです・・・・・・」

 

一同「(ダメだこいつは・・・・・・)」

 

コウタ「ま、まぁ食感がいいってことやな(笑)。にしても、こんなうまくて筋トレの補助になる食品があるってのは素敵やん」

 

あずみん「そうですね! もっと特徴がつかめてきたら、シーンに応じて選べそう! それじゃあ、採点行ってみましょう!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エントリーNo森永 INバープロテイン ウエファーバニラ

POINT!】

・タンパク質含有量は10.3g

ウエハースはチョコ風味で、バニラとの相性抜群。

甘味と苦みのバランスが良い

サクサクで軽い口当たり

粉が少々飛びやすいので注意

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マユ「美味しかった! でもイマイチ、自分の好みがわからないなぁ・・・・・・」

 

あずみん「私も・・・・・・。まだコンビニ行くと、結局迷って買うの辞めちゃうの」

 

コウタ「焦らんでええねん。プロテインバーは一日にしてならず! やで」

 

自分に合うバーはまだ見つからないみたい。しかし不思議と、彼女らに後ろ向きな気持ちは無かった。

 

あずみん「大丈夫ですっ!私、変わるって決めましたから!必ずオンリーワンを見つけてみせます!」

 

マユ「私も!諦めないっ!」

 

コウタ「2人とも気合入ってきたな!ほな次もいってみよか!」

 

バンっ!

 

 

マユ、あずみん「こ、これ、プロテインバーなの!?」

 

少しづつ成長していく2人。オンリーワンのバーとの出会いはあるのか?

そして、コウタとの恋の行方は?

 

次回:やんちゃ系? キャラメルナッツバー現る。

お楽しみに!

※この物語は一部フィクションを含みます。

★皆さんも1位を予想してみよう!★
Twitterで「バーの名前」を記入し、「#ドキドキプロテイン」を付けてツイートするだけ!
正解者の中から抽選で1名様に「VITUP!Tシャツ」をプレゼント!
詳細はこちらをチェック。