1. Home
  2. チャレンジ
  3. ドキドキ!プロテインバーデビュー#7【チョコ味の優等生】

ドキドキ!プロテインバーデビュー#7【チョコ味の優等生】

コンビニでも手軽に買える「プロテインバー」。でもそこには、初心者ならではの悩みがあって……?
VITUP! 編集部が送る、笑いあり・涙ありの長編ストーリー!

左から「マユ」「あずみん」「コウタ」「ゆうだい」

*登場人物

マユ:ちょっと天然なイマドキ女子。寝坊癖があり、朝ごはんが食べられないのが悩み。好きな言葉は「さみだれ」。
あずみん:冷静で頼れる女の子。しかし、趣味の競馬になると我を忘れてしまう。金欠でご飯代が無いのが悩み。
コウタ:関西出身のイケメン男子。編集部きっての実力派で、女子の憧れの的。ゆうだいと仲が良い。
ゆうだい:コウタの同期。モテたくて筋トレするが誰にも気付かれない。プロテインに詳しいメンバー最年長。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【前回までのあらすじ】

「全部食べたらいいんだ! その代わり情報を伝えろっ!」

ある日、マユとあずみんは、タンパクパンダから20本のプロテインバーを託される。困惑する2人だったが、憧れの人「コウタ」のサポートもあり戦いに挑むことを決意。

多くのバーを食べる中、2人がコウタを好きな理由が明らかに……?

※第6話はこちら

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

コウタが席を外すと、すかさずマユがあずみんに詰め寄る。

マユ「ねぇねぇ、さっきの続きだけどっ! どうなのどうなの?(笑)」

 

コウタを好きな理由……。恥ずかしそうにうつむくと、あずみんが口を開いた。

 

あずみん「尊敬する部分でもあるんだけど、誰にでも敬意を忘れないところかなぁ……」

マユ「と、言いますと?」

 

あずみん「私、競馬好きでしょ? よく変わってるって言われるんだけど、コウタさんは『素敵やん!』って言ってくれるの。それに、やり方とか沢山質問してくれてね……」

あずみんの口調が熱を帯びる。

 

あずみん「何事に対しても、敬意を持って接してるんだなって。皆にそうなのかもだけど、そう言ってくれて私はすっごく嬉しかった。だから好きなのっ!」

早口でまくし立てると、顔を真っ赤にしてうつむいた。

 

マユ「あずみん……。そうだったんだ……。素敵やんっ!」

あずみん「恥ずかしいからやめてっ!(笑)」

 

2人の恋の炎は、大きく燃え上がっているようだ。

ではここで、今回のバーを見てみよう。

エントリーNo5:アサヒ 一本満足バー プロテインチョコ
*スペック抜粋(1本39g 当り)
エネルギー183kcal、たんぱく質15 g、脂質8.5 g、炭水化物12.1 g、糖質11 g
※詳細はメーカーHP参照

 

ゆうだい「何というか、王道って感じだね。チョコ味の優等生」

コウタ「せやな。一本満足シリーズは人気やし。安定のうまさが期待できるな」

 

では実食!「せーのっ、いただきまーす!」

 

コウタ「そのままの感想になってまうが、チョコやな」

 

マユ「美味しいチョコですね。なんかディズニーのお土産とかでありそうです」

 

ゆうだい「あの缶のやつね(笑)。チョコだけど、ココアっぽい感じもするかも。食感は雷おこしに近いような気がする」

 

あずみん「なんかクランチよりはちょっと固いですね。味も薄めだけど、お菓子だよって出されてもわからないかもしれないです(笑)」

 

ゆうだい「バリッ……。ボリッ……」

 

あずみん「めちゃくちゃ咀嚼音が(笑)固めで噛み応えありますよねこれ」

 

コウタ「今流行りのASMR的なやつな(笑)。新企画、プロテインバーASMRなんてどうや?(笑)」

 

ゆうだい「バリッ……。ボリッ……。意図変わっちゃうよ意図が(笑)」

 

新企画誕生を彷彿とさせる優等生バー。食感も味もハイレベルな予感だ。

 

マユ「とりあえず飲み込んで下さい(笑)。じゃあ採点っ!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エントリーNo5:アサヒ 一本満足バー プロテインチョコ

POINT!】

・タンパク質含有量は15g

・チョコ味で少々甘さ控えめ。

・固めの食感でクランチ仕立て。

・食べる際は咀嚼音に注意。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コウタ「やっぱチョコ味は外れへんな。期待通りのうまさや」

ゆうだい「俺は結構、このクランチタイプが好きなんだよね。他にも種類があるのかな?」

 

マユ「とりあえず美味しいチョコがいいですね。じゃあ、次のバーはっ!」

 

バンッ!

一同「べ、ベイクドっ??」

 

次なるチョコバーへと歩みを進める4人。

そしてチョコを溶かすほど白熱する、女子2人の恋の行方は!?

 

次回:チョコはチョコでも……?こんがり系プロテインバー現る。

お楽しみに!

※この物語は一部フィクションを含みます。

★皆さんも1位を予想してみよう!★
Twitterで「バーの名前」を記入し、「#ドキドキプロテイン」を付けてツイートするだけ!
正解者の中から抽選で1名様に「VITUP!Tシャツ」をプレゼント!
詳細はこちらをチェック。