1. Home
  2. チャレンジ
  3. 【おすすめは?】ドキドキ!プロテインバーデビュー#6 やんちゃボーイ登場?

【おすすめは?】ドキドキ!プロテインバーデビュー#6 やんちゃボーイ登場?

コンビニでも手軽に買える「プロテインバー」。でもそこには、初心者ならではの悩みがあって……?
VITUP! 編集部が送る、笑いあり・涙ありの長編ストーリー!

左から「マユ」「あずみん」「コウタ」「ゆうだい」

*登場人物

マユ:ちょっと天然なイマドキ女子。寝坊癖があり、朝ごはんが食べられないのが悩み。好きな言葉は「さみだれ」。
あずみん:冷静で頼れる女の子。しかし、趣味の競馬になると我を忘れてしまう。金欠でご飯代が無いのが悩み。
コウタ:関西出身のイケメン男子。編集部きっての実力派で、女子の憧れの的。ゆうだいと仲が良い。
ゆうだい:コウタの同期。モテたくて筋トレするが誰にも気付かれない。プロテインに詳しいメンバー最年長。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【前回までのあらすじ】

「全部食べたらいいんだ! その代わり世の中に情報を伝えろっ!」

ある日、マユとあずみんは、タンパクパンダから20本のプロテインバーを託される。

少しづつだが変化する二人だが、まだ好みのバーは現れない様子。

そんなとき、二人の前に現れたのは……?

※第5話はこちら

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

マユ「なんかゴツゴツしてて、圧倒されちゃったなぁ。どう食べていけばいいんだろう……」

次の相手となるプロテインバーを見てから、少し戸惑い気味のマユ。

 

あずみん「マユ落ち着き! 見た目は怖そうでも、絡んでみたらいい奴だったりするやん」

 

マユ「えぇっ?」

 

あずみん「なんてね~! コウタさんならそう言うかなって思って!」

あずみんの突然の関西弁は、マユを元気づけようとしたみたいだった。

 

マユ「ははっ。そうだよね! ありがとう! コウタさん、落ち込んでると前向きな言葉で励ましてくれるの。私が寝坊した時だってそう。否定しないで、包み込んでくれるみたいに。そんな優しいコウタさんが、私は大好きなの!」

 

あずみん「なによもう~(笑)。コウタさんへの愛なら負けないんだからっ!」

 

あずみんのおかげ(?)で、元気を取り戻したマユ。

一安心したところで、今回のバーを見てみよう。

 

エントリーNo4:ケロッグ ソイプロテイングラノーラバー キャラメルナッツ
*スペック抜粋(1本当り)
エネルギー256kcal、たんぱく質 13.1g、脂質14.8 g、炭水化物17.8g、糖質 15.2g

 

ゆうだい「これ、キャラメルか? 銀歯持ってかれそうだな。銀歯泥棒と名付けよう」

コウタ「失礼や失礼(笑)。キャラメルは期待値高いでぇ」

 

マユ「と、とりあえず食べてみましょう!」

 

せーのっ、いただきまーす!!

 

 

マユ「なんかキャラメルコーンのナッツみたいな感じ。美味しいです」

 

コウタ「分かるわ。映画館のキャラメルコーンって感じや。自然な甘さやなくて、キャラメルの濃厚な甘さやな」

 

ゆうだい「スニッカーズにも似てる気するな。お菓子の味だ。そして思った通り歯にくっつく(笑)」

 

コウタ「やんちゃな味やな。キャラメルコーンのナッツを沢山まとめたらこんな感じになるんやろな。密かに夢やったんや。まさかここで叶うとは」

 

あずみん「夢叶いましたか(笑)。これ美味しいですけど、一本食べるって考えるとかなり顎使いますね食べ応えあります

 

ゆうだい「そろそろ顎割れるんじゃない?」

 

コウタ「そういうシステムちゃうやろ(笑)」

 

マユ「顎10倍になるんじゃないですか(笑)。これめっちゃおいしいです。今まで食べた中で一番おいしいです」

 

ゴツゴツとした見た目に反して、マユへの受けが良かった今回のバー。

メンバーの評価はこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エントリーNo4:ケロッグ ソイプロテイングラノーラバー キャラメルナッツ

POINT!】

・タンパク質含有量は13.1g

・濃厚なキャラメル味。キャラメルコーンのナッツのよう。

・噛み応え、食べ応えがある。

・少々歯にくっつくので注意。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

緊張の実食を終え、一息つく二人。思いのほか表情は晴れやかだ。

 

あずみん「な! 食べてみたら意外といい奴だったやろ?」

マユ「もう~。モノマネやめてよっ(笑)。でもほんとおいしかった! そういえばさ、あずみんはコウタさんのどんなところが好きなの?」

 

あずみん「え? わ、私……?」

あずみんが顔を赤くしていると、試食を終えたコウタが向かってきた。

 

コウタ「お疲れさん! じゃ次はこのバーにしよか! って、自分ら何をもじもじしてんねん(笑)」

マユ、あずみん「い、いえ! なんでもないですっ!」

 

コウタ「不思議な奴らやなぁ? ほないくでっ!」

 

バンっ!

 

 

プロテインバーの奥深さを知った二人。

二人の恋もまた、同じく奥深いものなのかもしれない……。

 

次回:王道プロテインバー登場。チョコの甘さは恋の味?

お楽しみに!

※この物語は一部フィクションを含みます。

★皆さんも1位を予想してみよう!★
Twitterで「バーの名前」を記入し、「#ドキドキプロテイン」を付けてツイートするだけ!
正解者の中から抽選で1名様に「VITUP!Tシャツ」をプレゼント!
詳細はこちらをチェック。