1. Home
  2. スポーツ
  3. 先週の注目スポーツニュースまとめ!

先週の注目スポーツニュースまとめ!

様々な熱戦が繰り広げられた東京オリンピックが閉幕、2年ぶりに球児たちの熱い夏が帰ってくるなど、先週もたくさんのニュースがありました。

今回のニュースまとめでは、8/8~8/14の間にあった注目のスポーツニュースをまとめてお届けします。

 

日本勢は史上最多のメダル58個で確定 金メダルは27 【オリンピック】

東京オリンピック最終日の8日、日本は最後の種目となるバスケットボール決勝の試合を終え、今大会の日本のメダル数が確定した。金27、銀14、銅17、合計が史上最多の58個となった。これまでのメダル総数最多だった2016年リオ五輪の41個を大きく更新した。今大会の日本勢のメダル1号は7月24日の柔道女子48キロ級・渡名喜風南選手が獲得した銀メダル。同日、柔道男子60キロ級で優勝した高藤直寿選手が金メダル第1号だった。

fifg-stock.adobe.com

 

大迫傑選手、涙の現役ラストランで有終6位 【マラソン】

8日、札幌で男子マラソンが行われ、今大会を現役最終レースと位置づけている大迫傑選手は2時間10分41秒の好タイムを挙げ、6位入賞をはたした。日本勢としては12年のロンドンオリンピックで6位となった中本健太郎選手以来、9年ぶりの入賞となる。金メダルは2時間8分38秒を記録し、16年リオオリンピック金メダリスト・ケニアのエリウド・キプチョゲ選手が獲得。日本代表として出場した中村匠吾選手は2時間22分23秒で62位、服部勇馬選手は2時間30分8秒で73位だった。

 

梶原悠未選手が銀メダル獲得 【自転車競技】

女子オムニアムで、梶原悠未選手が銀メダルを獲得した。自転車で日本女子が表彰台に立つのは初めてとなった。梶原選手は高校から自転車を始め、17年W杯第3戦(カナダ・ミルトン)で初の金メダルを獲得。20年世界選手権女子オムニアムを制し、日本女子初の世界女王となった。

 

バスケットボール女子が初のメダル 【バスケットボール】

8日に行われたバスケットボール女子の決勝では、日本が絶対王者のアメリカに挑み、アメリカが日本に一度もリードを許すことなく75―90で敗れたものの、男女を通じて初メダルとなる銀メダルを獲得した。これまでは1976年モントリオール五輪の5位が最高だった。

 

太田雄貴氏がIOC委員に正式就任 【フェンシング】

国際オリンピック委員会(IOC)は8日、選手委員会選挙で日本人初の当選を果たしたフェンシングの2008年北京オリンピック、12年ロンドンオリンピック銀メダリスト、太田雄貴氏がIOC委員に就任することを正式に決定した。任期は28年ロサンゼルスオリンピックまでとなる。日本人の現職IOC委員は国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長と合わせて3人になり、JOCによると過去最多に並ぶ。

 

メッシのPSG加入が正式決定!背番号は「30 【サッカー】

パリ・サンジェルマンFCは10日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年間で、1年の延長オプションが付随している。注目の背番号は2004年のバルセロナデビュー時に着用していた「30」に決定。

 

井岡一翔選手が3度目の防衛戦に挑む 【ボクシング】

プロボクシングの志成ジムは3日、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔選手が3度目の防衛戦に挑むことを発表。試合は9月1日に東京・大田区総合体育館で行われ、元WBO&IBF世界ミニマム級王者で、現WBOスーパーフライ級2位のフランシスコ・ロドリゲス・ジュニア選手と拳を交える。

 

初出場の新田高校、東北学院が夏の甲子園初出場初勝利 【高校野球】

第103回全国高校野球選手権大会が10日に開幕し、初日、二日目に初出場校が躍動した。初日の第二試合に行われた、初出場の愛媛代表・新田高校対4元号勝利を目指す静岡代表の古豪・静岡高校の一戦は、新田の堅守が光り4-2で新田が初出場初勝利をあげた。二日目の第4試合に行われた、こちらも初出場の宮城代表・東北学院高校対愛知代表・愛工大名電高校の一戦は、東北学院打線がドラフト注目の寺嶋大希から5得点を挙げるなど攻略。投げてはエースの伊東大夢が名電打線を翻弄し、スコア5-3で甲子園初勝利を手にした。

ドンピエロ-stock.adobe.com

 

大谷翔平が7勝目!50HR&10勝が現実味に 【メジャーリーグ

エンゼルスの大谷翔平選手は日本時間の13日、ブルージェイズ戦に「1番・投手」で投打同時出場。今季2度目となる「1番・投手」起用に応え、投げては6回99球3安打2失点、打っては左中間にツーベースヒットを放つなど、チームの勝利に貢献する活躍を見せた。この試合を終えて、大谷選手は打者としては38本塁打、投手としては7勝と、シーズン50本塁打&10勝の大台が見えてきた。

 

ボディビルの熱い夏が再来!第32回ジャパンオープン選手権大会が開幕! 【ボディビル】

8日、第32回ジャパンオープン選手権大会が東京・北とぴあで行なわれた。今大会は久々の日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の大会ということもあり、全国各地から有力選手が多数参戦し、熱戦を展開した。VITUP!では大会の様子をフォトギャラリー、YOUTUBE、そして、選手たちの生の声が聞けるインタビュー記事も掲載!

詳細はこちらから!

8/8(日)開催 第32回ジャパンオープン選手権大会 | Web Magazine VITUP! [ヴィタップ]