1. Home
  2. movie
  3. 「スーパーマン」のエクササイズで、背中の細胞を活性化!

「スーパーマン」のエクササイズで、背中の細胞を活性化!

8月のテーマは「カッコいい背中を目指そう!」

皆さん、ダイエットのキーポイントが背中の一部にあるのをご存じですか? 肩甲骨の周りや肩こりで有名な僧帽筋の上部・首の後ろなどに、「褐色脂肪細胞」という脂肪が多く存在します。なんとその役割は、熱を生み代謝を上げてくれること!脂肪なのに、白い脂肪を燃やしてくれるなんて不思議ですね。

それでは、今回ご紹介する「スーパーマン」のエクササイズで、肩甲骨周辺を動かして褐色の細胞達を活性化させていきましょう!

【エクササイズのポイント】スーパーマン応用

①まずうつ伏せになり、腕は肩幅より少し広め、脚は腰幅より少し広めに開きます。肘と膝は伸ばしましょう。

②鼻から息を吸いながら、腕と脚を持ち上げ身体を伸ばし、背骨全体をゆるやかにカーブさせます。腕は耳の横に来るまで肩の付け根から上げ、脚は腿の前面が浮くように股関節の伸びを意識します。

③口から息を吐きながら、肘を曲げ肩を引き下げます。左右の肩甲骨を内側に寄せながら肩を下制させるのがポイントです! 僧帽筋と菱形筋、そして広背筋にもアプローチできます。

④息を吸うタイミングで、腕を耳の高さまで伸ばします。頭部が重くて大変ですが、頸椎も軽く伸ばして首を長く保って下さい。

※身体全体のバランスは、反るというより、前後に腕と脚を伸ばし合う感覚でやってみましょう。そして股関節を伸展させるので、「お尻」と「太腿の裏」も働いて、後ろ姿が整うという効果もあります。

【エクササイズのペース】
1~2日おきに10回1セットから始め、慣れてきたら2セット行なって下さい。
また、前回ご紹介したバックエクステンションをやった日は、このスーパーマンはお休みにして腰の負担を軽減させましょう。ゆっくり動くため地味にきついですが、「伸ばす時に吸う・引く時は吐く」という呼吸の連動を忘れずに意識して下さい。

まだまだ猛暑が続きそうですね……。皆さま、熱中症に気をつけてトレーニングして下さい! また来週お会いしましょう!

指導=藤野尚美
協力=株式会社E.M.I.


藤野尚美(ふじの・なおみ)
大学卒業後、独立行政法人日本スポーツ振興センターに入庁、競技場等に勤務した後、2005年に退職しフリーのダンサーに転身。舞台に立ちながら10代の生徒中心にストリート系ダンスを指導、多くのナンバー制作を手掛け、現在も育成に力を入れている。2015年、パフォーマンスの向上、怪我予防に役立つよう、ピラティスの指導資格を取得、その後E.M.I.で機能解剖学やCore Power Yoga CPY®を学び指導にあたる。
〈資格〉
・ピラティス
BASI PILATES Mat Work Teacher
Pfilates™(Pelvic Floor Pilates)トレーナー
Athlete Pilates AP™トレーナー
・ヨガ
Core Power Yoga CPY®トレーナー
・ダンス
avex Dance Master JSDAシニアインストラクター(Hip Hop, Jazz)
・その他
中学校教諭一種免許(社会)
高等学校教諭二種免許(公民)
〈出演・経歴〉
・嵐5大ドームコンサートツアーバックダンサー
・今井翼全国ソロコンサートツアー振付・バックダンサー
・NHK「少年倶楽部」バックダンサー
・日テレ系ダンス番組「スーパーチャンプル」出演
・DANCE FLASHコンテスト特別賞受賞
・全国美容週間・ヴェルファーレヘアショーモデル、ダンサー 等
・TIPNESS、JOYFIT、ルネサンス、NAS等のスポーツクラブにて、ピラティス、Core Power Yoga CPY®指導