1. Home
  2. movie
  3. 巻き肩予防に背中のストレッチ!

巻き肩予防に背中のストレッチ!

皆様こんにちは! ピラティストレーナーのAzusaです。

9月のテーマは「巻き肩からおさらば!」

巻き肩と聞いただけで連想される言葉を思い浮かべてみましょう。

ちなみに私が思い浮かんだのはこの5つです。「猫背」、「自信がない人」、「首が前に出る」、「姿勢が悪い」、「顔が大きく見える」……。

ネガティブワード満載! オーマイガー!

人の第一印象には姿勢が大きく関係します。このエクササイズをやれば一気にすべてが改善される! といった魔法があれば、私も今すぐ使いたいくらいです(笑)

何度もお伝えしていますが、身体を変えるのは姿勢×時間です! つまり普段からどれだけ姿勢を意識できているかということです。
自分のペースを大事にしつつ、今週も一緒に頑張っていきましょう!

 

【エクササイズのポイント】

①四つん這いからスタートしましょう(肩の下に手首、股関節の下に膝をセット)

②息を吸って両手を前に伸ばし、息を吐いておでこを床に近付けていきます(チャレンジできる方はおでこではなく顎を床に近付けると良いです)。

③肩まわりがつらい方は、お尻を少し後ろに引いて行ないましょう。

③60秒間キープしましょう。

*肋骨まわりの固さが影響し、腰から反ってしまいがちです。下腹を引き込んで、できるだけ反り腰にならないように注意しましょう!

 

【今週のAzusaのワンポイント筋肉】

★大胸筋
いわゆるボディービルダーが、一番最初に鍛える胸の大きな筋肉。大胸筋は胸だけではなく、腕の外側まで付着している筋肉ですので、縮まってしまうと腕が前に引っ張られ、それに伴って肩が前方にいってしまいます。巻き肩の原因になりますので、しっかりとストレッチしてあげることを習慣づけましょう!

 

先週、今週とストレッチを行なってきました。

来週から背中のエクササイズをご紹介していきたいと思います!

 

指導=成田亜寿沙

協力=株式会社E.M.I.


成田 亜寿沙(なりた・あずさ)
大阪府立登美丘高等学校出身。高校卒業後、ダンスの専門学校に通い、ユニバーサルスタジオジャパンのオープニングダンサーとして1年間勤務。その後上京し、コロッケコンサート全国ツアーや、有名歌手のバックダンサーとして全国各地に巡業。セカンドキャリアとしてピラティスの資格を取得し、ピラティスの魅力に引き込まれていく。正しく息をすれば、身体が変わり、思考が変わり、心が変わり、幸せになる。「息するカラダ」というビジョンのもと、ピラティス・ヨガのメソッドで身体機能を整える。
【所有資格】
Basiピラティス Comprehensive
Basi認定 産前産後マタニティピラティス
E.M.I認定  Core Power Yoga CPY®
E.M.I認定 Athlete Pilates
Body Code System in Italy認定 Master Stretch
日本ピラティスアカデミー認定 Stretch-eze
栄養コンシェルジュ 2つ星コース認定