1. Home
  2. マッスル
  3. 高校・大学のダブル達成。世代トップフィジーカーへ、川中健介がその名を歴史に刻み込む【第55回全日本学生選手権】

高校・大学のダブル達成。世代トップフィジーカーへ、川中健介がその名を歴史に刻み込む【第55回全日本学生選手権】

「最高です。今はもうやり切った感じです」

大会を終えた直後のステージ上でにこやかに話すのは、10/3(日)に東京・福生市民会館にて開催された第55回全日本ボディビル選手権大会の男子フィジークの部で頂点に立った、東海大学2年の川中健介だ。1週間前の関東学生大会に続いての戴冠となり、また高校3年時に全国高校生ボディビル選手権大会も制している川中にとっては、高校・大学でのダブル優勝となった。

川中が所属する東海大学バーベルクラブは、今年4月に準公認サークルとなったばかりのクラブ。過去には好成績を残してきた東海大学だが、部員不足により廃部を余儀なくされ、しばらく今大会への出場が途絶えていたが、関東大会にも出場した宍戸秀徳(4年)の呼びかけで湘南キャンパスの学生が集って活動を開始。さらに、自身もボディビル選手として活躍し、筋力トレーニングの専門家である有賀誠司氏が監督となり、川中も熊本キャンパスから同クラブの活動に参加することになった。

川中にとっては、師である有賀監督のアドバイスは、今大会の優勝に絶大だったようだ。

「関東大会では、あまり塩も水も抜かない調整で出場しました。この全日本学生に向けては、有賀先生にアドバイスをもらいながら塩抜き、水抜きを行ってコンディションを整えていきました。自分としては、120点の仕上がりだったと思っています。水が抜けているぶん、ウエストもさらに引き締めることができましたし、腹筋の溝も出せたことで、先生からも周りの仲間からも『さらに良くなった』と言ってもらえました」

中央が川中。美しいVシェイプを披露して学生の頂点に立った

実際にステージ上での川中のVシェイプはまだ2年生ながらかなりの完成度を誇っており、初代学生フィジーク王者の佐村直紀(日体大卒)や、若手世代のトップとして世界ジュニア選手権優勝経験もある穴見一左とも見劣りすることはない。すでに今年のALL JAPN選手権に出場して一般の中でも経験し、さらに「クラシックフィジークにも挑戦してみたいとちょっと思っている」と話してはいるが、まずは来年の学生フィジークも制して連覇達成が一つの目標になるだろう。

「世界でも通用する身体を目指して頑張っていきます」

フィジーク界の未来を担う存在は、これからも輝かしい歴史を刻み続けていくだろう。

文・写真/木村雄大