1. Home
  2. 格闘技
  3. ウォーターローディングの結果は如何に!?  計量前日に一気に2.3㎏減

ウォーターローディングの結果は如何に!?  計量前日に一気に2.3㎏減

ひとくちに減量と言っても一般的なダイエットからスポーツにおける減量まで、その目的によってアプローチ法もさまざまだ。ここではボディビルなどともまた違う、現役格闘技選手の減量を公開。3月21日に試合を控えるダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)選手の協力のもと、計量2週間前から試合当日までのリアルな体の変化をリポートする。

水抜き後61.9㎏

3.21後楽園大会の計量が本日(20日)、行なわれる。2週間前から追いかけてきたMMAファイターのリアルな減量も、いよいよ大詰めだ。

計量直前は過酷な水抜きに入るためダイキ選手本人には「計量5日前以降のデータは試合後に」と伝えていたが、昨日と同様にまたもコメントつきの画像が——。彼の好意に報いるためにも、MMAファイターの計量前日のリアルをお届けしよう。

起床時64.2㎏

61.2㎏がリミットのバンタム級に出場するダイキ選手の、計量2日前(3月18日)の体重は65.5㎏。起床時に64.2㎏まで落ちていたものの、それでもまだ3㎏残っている。3㎏オーバーは予定通りとはいえ、余分な脂肪をそぎ落とした上で3㎏を1日で落とすのは口で言うほど簡単なことではない。

今回、ダイキ選手が取り組んだのが、最終的に水抜きを行なうのに“計量直前まではこまめに水分補給をする”という『ウォーターローディング』。この一見、矛盾した減量法の詳細についても、試合後の追加取材であらためて紹介しよう。

計量当日に残り700gを調整