1. Home
  2. RUN
  3. 階段王になる男・渡辺良治。スカイツリーの決戦で見事優勝! 「世界一の電波塔からの景色は格別でした」

階段王になる男・渡辺良治。スカイツリーの決戦で見事優勝! 「世界一の電波塔からの景色は格別でした」

2022年9月11日(日)東京スカイツリーにて、「2022YOKOMORI VERTICALRUNNING JAPAN CIRCUIT(以下、YOKOMORI VJC)」の東京大会が開催された。

YOKOMORI VJCとは、東京・名古屋・大阪のランドマークタワーを舞台に、選抜された選手たちがレースを展開するイベントだ。各選手が獲得した合計ポイントによって、年間チャンピオンが決定される。今大会はそんなYOKOMORI VJCの第2戦目であり、「全日本バーティカルランニング選手権大会(以下、全日本選手権)」も併催となった一大イベント。

各地から精鋭ランナーが集う中、YOKOMORI VJC・男子部門と全日本選手権の両方で優勝し、大会での総合優勝も勝ち取ったのが、「階段王になる男」こと渡辺良治選手だ。

写真/森本雄大

渡辺選手は過去に、「Vertical World Circuit(VWC)」で3回優勝。現在は世界ランキング3位と輝かしい実績を残している。2020年には「最も速い1マイル階段垂直登り(男性)」のギネス世界記録を取得するなど、日本バーティカルランニング界のトップランナーと言える存在だ。ここでは、そんな渡辺選手の優勝インタビューをお届けする。

©MEETING

世界の階段王になるために、絶対に取りこぼすわけにはいかなかった

――優勝おめでとうございます。率直に今、どのようなお気持ちですか。

「ホッとしたという感じです。2年前のギネス挑戦でスカイツリーに登った経験があったので、勝手を知る者として負けられませんでした。他の選手に1分以上差をつけて勝つ気持ちだったので悔しさもありますが、優勝できたのでひとまずよかったかなと思います。今回は難しい階段でしたが、まだまだ研究や練習を重ねればタイムも伸びていくと思うので、まだまだだと思えるとうれしいです」

――今回、スカイツリーを登ってみていかがでしたか。

「バーティカルランニング特有の喜びを、ひときわ強く感じることができました。閉め切られた非常階段を延々とぐるぐるまわっていくので、景色も見えないし体もきついです。でもその代わりゴールした後には格別の達成感や、最高の絶景が待っています。とくに今回は、世界一の電波塔・スカイツリーということで、その景色も格別でした」

――今日に向けて、どのようなトレーニングを行なってきましたか?

「もちろん実際に階段も登ったんですけど、今回は自転車を漕ぐトレーニングを取り入れました。今回のような長いレースだと、15分から20分近く動き続ける必要があります。肺活量を上げるためには、自転車を取り入れる必要があると思ったんです。自転車ならずっと動き続けられるので、長い階段にはかなり耐性がついたと思います」

©MEETING

――今回、全日本選手権との二冠も達成しました。目指す「階段王」に、また一歩近づいたのではないでしょうか。

「そうだとうれしいです。でも、僕が目指しているのは世界の階段王なので、ここは絶対に取りこぼすわけにはいきませんでした。次の目標は10月6日にニューヨークのエンパイアステートビルで行なわれるレースなので、そこで勝って目標に近づきたいと思います」

――あらためてバーティカルランニングの魅力を表現するなら?

「一番は走破した時の解放感や、広がる絶景ですね。あとは階段を登ることで、お尻や太ももなどを鍛えられることも魅力です。初心者でも道具はいらないですし、駅やビルの階段など、いつもならエレベーターを使うシーンで階段を登ってみるのもおすすめです。そういったことを続けると、目に見えて体の調子も変わってきます」

――最後に、次のレースに向けての意気込みをお願いします。

「今回優勝できたことで、いい形で次に臨むことができます。みなさん、来月を楽しみにしていてください」

取材・文/森本雄大
写真提供/「2022 YOKOMORI VJC」PR事務局