1. Home
  2. マッスル
  3. 目標はサマスタのモノキニ優勝。B&W部の活躍を支える主将・松村実紗【真・ミスター東大2022】

目標はサマスタのモノキニ優勝。B&W部の活躍を支える主将・松村実紗【真・ミスター東大2022】




東大No.1の肉体を決める真・ミスター東大が、11月19日(土)に東京大学・駒場キャンパスで行われた『駒場祭』内にて開催された。本大会は、東京大学運動会B&W部(ボディビル&ウェイトリフティング部:通称ビーダブ)主催のボディビルコンテスト。ここではB&W部の主将・松村実紗さん(3年)のインタビューをお届けする。

ボディビルでもパワーリフティングでも団体優勝を獲得したい

――普段の部活動ではどんなことをされているのですか。

松村 週3回、部員全員で集まって1時間半の筋トレをします。最近は全日本学生パワーリフティング選手権が迫ってきているので、その練習が多いですね。パワーリフティングの大会は参加自由ですが、今年は部員の半数以上がエントリーしています。ボディビルももちろんですが、パワーリフティングでも団体優勝を目指してがんばっています。

――松村さんもパワーリフティングの大会に出場する予定ですか。

松村 はい。基本的にフィットネスの大会をメインに出場していますが、主将になったことで「負けないようにがんばらなきゃ」という想いが出てきて、出場を決めました。

――これまではどの大会に出場されてきましたか。

松村 マッスルゲートのウーマンズレギンスと、SUMMER STYLE AWARDのモノキニに出場しました。あとはAPF(Asia Physique Federation)のフィットネスモデルも出場しています。トレーニングは大学に入ってから始めたのですが、初めて出場した大会で、人数が少なかったこともあって優勝できたので、それに味をしめてたくさん出場するようになりました(笑)。

――トレーニングを始めたきっかけは何だったのですか。

松村 入学した時はコロナ禍で授業が全てオンラインになっていたので、健康維持のために筋トレを始めました。近くのジムに通い始めたら筋トレにハマって、いつの間にかB&W部に入っていました(笑)。

――今後の目標を教えてください。

松村 部としては団体優勝をたくさんとることと、個人としてはサマスタのモノキニで優勝することです。

取材・文・写真/シュー・ハヤシ