1. Home
  2. トピックス
  3. たんぱく質を摂取しながらワインも楽しめる。赤ワイン風味のプロテインが登場

たんぱく質を摂取しながらワインも楽しめる。赤ワイン風味のプロテインが登場




「THE PROTEIN」シリーズを運営する武内製薬株式会社と岩手県紫波町がコラボした、赤ワイン風味のプロテインが発売されます。

紫波町はぶどうやりんごなどの果樹栽培が盛んで岩手県内最大級のフルーツの里と呼ばれています。とくにぶどうは県内の生産量の半数を占めていることから、紫波町のぶどうジュースを使ったプロテインの商品化が決定されました。使用されるぶどうジュースは、百貨店などでも売り切れが続出する人気商品の「紫波町のぶどうジュース」を製造している紫波フルーツパークのもの。「紫波町のぶどうジュース」は紫波町内の農園で収穫されたキャンベルを使用し、砂糖も保存料も一切入れない無添加・無加糖の100%ストレートのぶどうジュースです。

赤ワインの風味を出すために、赤ワインの粉末酒や赤ワインエキスパウダーが使用されている他、紫波町特産のぶどうジュースをフリーズドライパウダー化したものが配合されています。普段からプロテインを飲んでいる方には新しい提案に、飲みなれていない方には飲み始めるきっかけとなるように、飲みやすさとおいしさにはこだわって開発されました。アルコール度数は1食30gあたり0.39%です。

赤ワイン風味のプロテインは12月12日(月)から、紫波町のふるさと納税の返礼品として、1,500個限定で販売されます。普段はあまりお酒を飲まない方も、このプロテインを試してみてはいかがでしょうか。