1. Home
  2. チャレンジ
  3. 【オフィスにジムをつくろう 番外編】オールインワンラック最新機種「X3」の魅力

【オフィスにジムをつくろう 番外編】オールインワンラック最新機種「X3」の魅力




前回で完成したVITUP!編集部のオフィスジム。今回は番外編として、オールインワンラックの最新機種「X3」を紹介します。

スタイリッシュ&高機能

紆余曲折はありましたが、無事にジムを完成させることができました。わからないことだらけの中、e9thの小柳社長のアドバイスに非常に助けていただきました。

完成したオフィスジム

ウエイトスタック式の最新オールインワンラック「X3」の導入も検討していたのですが、オフィスの耐荷重を加味して念のため断念することにしました。とはいえこちらのラックは高性能機種なので、これからホームジムづくりを検討している方にとっては心強い味方となるでしょう。

そこで今回は番外編として、「X3」のスペックや長所を小柳社長に伺いました。

長野県に拠点を構えるフィットネス器具メーカー・株式会社e9th。社長の小柳竜也さんは根っからのトレーニーでもある

小柳社長「最新型ラック『X3』ですが、こちらは今回導入いただいた『G8』とは異なりケーブルマシンがウエイトスタック式のモデルです。器具の総重量は重くなりますが、ウエイトの付け替えが容易になっています。トレーニングの幅を広げるアタッチメントも多数搭載しており、レッグプレスアタッチメントやジャマーアーム、ラットプル、ロープーリー用のフットサポートが備えられています。さらにX3の大きなポイントなのが『ケーブルプーリー比が1:1であること』です」

――聞き慣れないですが、ケーブルプーリー比とは何なのでしょうか?

小柳社長「これは『ラックに付けた重量と、かかる負荷の割合』のことです。たとえばケーブルプーリー比が2:1の場合、100kgの重量を付けても負荷は50㎏に半減してしまいます。従来のマルチラックはこの仕様が多く、本格派トレーニーの方からは『負荷が物足りない』という声も出ていました。X3はこの問題を解決したラックなのです」

――なるほど。比率が1:1ということは、負荷を逃がさずトレーニングできるということですね。

小柳社長「その通りです。X3では100㎏の重量を付ければそのまま100㎏の負荷がかかるようになっています。よって高い負荷を得ることが可能になりました。プーリー比を改善したからこそマルチラック従来のよさも際立ちます」

――豊富なトレーニング種目を高負荷で行なえると?

小柳社長「はい。G8など従来のラックに引き続き、X3でもケーブルを支える滑車を上下に移動させることができます。プルダウン種目、ローイング種目ともに高負荷でしっかり鍛えていただけます。本格派トレーニーの方にも納得いただける商品かと思います」

「オールインワンパワーラック X3」 ウエイトスタック式のケーブルマシンや豊富なアタッチメントを搭載。省スペースかつ機能性に富んだマルチラックだ。価格486,000円(税込み)

――ありがとうございます。今回導入したG8も素敵なマシンですが、重量がOKであればX3もぜひ導入したかったです。

小柳社長「ありがとうございます。自信を持っておすすめできる機種なので、省スペースでホームジムづくりを希望する方にはぜひ選択肢の一つとして考えてほしいと思います」


ひとくちにオールインワンラックと言っても性能や価格帯など種類は多岐にわたります。今回の企画が読者のみなさんにとってラック選びの参考になれば幸いです。

文/森本雄大
企画協力/株式会社e9th

【オフィスジムづくりの一部始終はこちらから】