1. Home
  2. トピックス
  3. マッスルエフェクトでシンクロ親子ダンス披露の日本トップビルダー 3年ぶり全日本仮装大賞で優勝

マッスルエフェクトでシンクロ親子ダンス披露の日本トップビルダー 3年ぶり全日本仮装大賞で優勝




2/12(月・祝)、『第99回欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系列)が放送され、「マッスルエフェクトでTikTok」を披露した赤澤範昭さん&なの春さん親子が見事に優勝した。

【動画】マッチョパパ・トト&思春期娘・なーちゃんのほっこり親子トーク

赤澤さんは、体重別のボディビル全国大会(日本クラス別選手権)で7連覇を誇る日本屈指の選手であると同時に、King & Princeなどの楽曲をBGMにダンス調を取り入れたフリーポーズで会場を魅了する、エンタメ性を持ち合わせるトップボディビルダー。なの春さんとは幼少時代から二人で仮装して地元のステージに立ってきており、2016年の第93回大会では二人で「マッスル遊園地」を披露。赤パンのマッチョと5歳の少女がお茶の間を沸かせた。

あれから8年の年月を経て13歳の中学生となったなの春さんがステージに登場。「今日はTikTokを獲るぞ!マッスルエフェクト?面白そう!」と言うと、スマホに見立てたフレーム内に現われたのは、なの春さんと同じピンクと黒の衣装に身を包んだ範昭さん。日本では「イブプシュケ」の愛称で呼ばれるLE SSERAFIMの「Eve, Psyche & The Bluebeard’s wife」をBGMにシンクロダンスを披露すると、見事に20点満点を獲得した。

香取慎吾さんと欽ちゃんから感想を聞かれると、「やり切ったね」となの春さん。続けて範昭さんも「ありがサイドトライセプス」と言うと、2人揃ってボディビルのポーズを決め、最後は2人で腕を組みながらスキップして退場。仲良し親子の姿で会場はほっこりした空気に包まれた。