ボディビルの価値を高めていく活動をこれからしていく【横川尚隆インタビュー~王者が見据えるその先は?~#4】

2019日本ボディビル選手権で優勝し、新王者となった横川尚隆。11月の世界選手権でも4位入賞を果たした彼だが、2020年は大会不出場を宣言済み。果たしてその真意とは、そして彼が見据えるものとは?全5回に分けて掲載するインタビューの4回目となる今回は、今後のことを話してもらった。
#1は→こちら
#2は→こちら
#3は→こちら

胸を張って「自分はボディビルをやっている」
と言える競技にしていきたい

――ここまでは、今年出場した大会のことや、横川選手の原点を聞いてきました。今後のことをお聞きしたいのですが、やはり来年も日本一を目指すのが目標でしょうか。
……来年は、大会に出るつもりはありません。選手としての目標であった「日本選手権優勝」は達成したので、次の目標に進みたいと思っています。もちろんこのままずっと連覇を目指すというのも悪いことではないんですけど、自分より若い子たちにつながることをしたい、というのがあります。

――それは再び日本一を目指しながらではできないことなんですか?
僕は集中したら一つのことしか手につかないんですよ。トレーニングを続けて大会に出るのであれば完璧な状態で出たいと思うんですけど、そうなると、今年以上のトレーニングをしなくてはいけないわけですから。

――そうすると他のことをするのが難しくなる。
ですね。他のことに手をつけられなくなると思います。これをこの先何年もやり続けていったら、それだけになっちゃうと思うんですよ。トレーニングをして大きくなって、来年も進化することはできるし、出たら勝つ気しかないですけど……それよりは、ボディビルのためになるような“何か”をしたいなと。

――その“何か”というのは、大会で勝ち続けることではないと。
選手として連覇していくっていうのは一つのやり方かもしれないですけど、はっきり言うと、JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)の大会って内輪でやっているようにしか見えないんですよ。今のやり方を続けていく中で、例えば新しい選手が出てくれば盛り上がるとは思うんです。俺もそうだし、相澤(隼人)君とかみたいな。ただ、それを待っているだけ、みたいな現状が嫌というか。

――フィジークやビキニでもスター性のある選手が出てきてはいますが、それが確実に出てくるようにならないとダメ。
運が良かっただけだと思うんですよ。誰かがが何かをしたことで、そういう選手たちが出てきたわけではないんじゃないかと。この競技をやりたい、大会に出たいっていう人がどんどん増えてほしいと思っているんです。

――今年の大会は鈴木雅選手の欠場に加え、横川選手や相澤選手のような存在がいたからこそ、例年に比べて楽しみが多かった気はします。
才能がある子なんて他にもいっぱいいると思うんですよ。その中でたまたまボディビルに巡り合えたのが俺とか相澤君であって、絶対に他にもいるはずなんです。そういう子たちが「ボディビルをやりたい」って思わないと、出てくることはないんですよ。そういう環境になるためには、自分が連覇しているだけでは何も起きないなと思います。

――ボディビルという競技をより広めていきたい想いがあるんですね。
これからボディビルをはじめる子たちが、「やりたい」と思える競技、スポーツにしたい。胸を張って「自分はボディビルをやっている」と言えるようにしたい。ボディビルをやっている人はカッコイイと思ってくださる方もたくさんいると思いますけど、それもやっぱりこの業界の中にいる人だけが思っていることかもしれないですし。

――確かに、ボディビルは、一般的にはまだ偏見みたいなのがある競技のように感じます。
優勝した次の年に出場しない選手なんてこれまでいないだろうし、暗黙の了解で「負けるまで出続ける」みたいなのがあるみたいですけど、それは俺には関係ないし、って思います。今まで通りのチャンピオンの形でいても、何も変わらないと思うんですよ。だから、2020年はそういうことに集中したり、そのために動いたりする年にしたいんです。

――具体的に何をする、というのは……?
まぁいろいろ考えはありますけど……それはまだ誰にも言ってないので(笑)。

――例えば、トレーニングを教えて育てていく、ということではない?
俺は感覚でやってるので、人に教えられないですよ(笑)。まぁやって見せるってのはできるかもしれないですけど、それって他の人もセミナーとかでやってるじゃないですか。頼まれればやるかもしれないですけど、いま考えていることとは違いますね。どれぐらいでできるかはわからないし、数年かかるかもしれない。ただ言えるのは、かなりの革命を起こすことになるんじゃないかと思っています。このままのJBBFでいていいとは思っていないし、根底からひっくり返すくらいのことをやっていきたいです。

――革命ですか!それはすごく楽しみです。
一つは、とにかく大会自体をデッカくしていきたいんですよ。それにおいて競技性を高めていくことはもちろん大切にします、ボディビルはスポーツだと思っているので。エンターテインメントだと思っている人はいると思うし、それはそれで別にいいと思いますが、俺はスポーツとして捉えているし、競技でありたい。エンターテインメントとしてあるのは好きじゃないですから。

――ちなにみ、バラエティ番組などで見せている姿は、あれもその野望に関係しているんですか?
あれはまた別の考え方があってのものです(笑)。もちろんTVに出ることでボディビルを広めようという思いもありますけど、あれはあれで、自分が好きで楽しんでやっているものですね。

★次回は最終回。横川選手の思いをさらに深く聞いていきます。

横川尚隆(よこかわ・なおたか)
1994年7月生まれ。東京都出身。身長170cm。2015年に本格的にトレーニングを開始し、オールジャパンメンズフィジーク選手権172cm以下級で優勝。その後、ボディビルに転向し、2019年の日本選手権で優勝。最近では『アウト×デラックス』『ホンマでっか!?TV』(ともにフジテレビ系列)など、バラエティ番組などにも出演している。
【主な大会実績】
・2014年 ベストフィジークジャパン ミスターベストフィジーク2位
・2015年 オールジャパンメンズフィジーク172cm以下級優勝
・2016年 JBBF 日本ジュニアボディビル選手権優勝、IFBB 世界ジュニアボディビル選手権2位
・2017年 JBBF 日本クラス別ボディビル選手権80㎏以下級優勝、JBBF 東京ボディビル選手権優勝、JBBF 日本ボディビル選手権6位
・2018年 JBBF 日本ボディビル選手権2位
・2019年 JBBF 日本ボディビル選手権優勝、IFBB 世界ボディビル選手権4位

インタビュー/木村雄大、ちびめが 写真/矢野寿明

新王者・横川尚隆が誕生!「これからもバルクを追い求めていきたい」【第65回 男子日本ボディビル選手権】

【大会結果】2019ミスター&ミス日本が決定!~10/14(月・祝)開催 第65回 男子日本ボディビル選手権&第37回女子日本フィジーク選手権