1. Home
  2. トピックス
  3. トレーニーの新たな標準食となるか!?

トレーニーの新たな標準食となるか!?

カラダづくりに関する新しい情報が続々と登場し、ダイエットを主とするボディデザインの常識が変化しつつある昨今。世の中の健康意識・カラダづくりの考え方の変化に伴い、食品の選び方も大きく変わってきています。

食事に関して、一時期は「摂らないことでスタイルを維持する」ことが主流になっていましたが、ボディデザインにおける食事の摂り方として、カロリー制限による栄養素不足や極端な糖質制限による弊害などが報告されるようになりました。そして、最近では「タンパク質を摂ることでスタイルをつくる」という考え方に移り変わっています。

積極的にタンパク質を摂り、健康的に理想のカラダへ。「制限する」「ガマンする」は古い!?

理想体型を実現するには、タンパク質をしっかり摂って筋力トレーニングを行なうことが重要という考えが定着しています。タンパク質ニーズは女性を中心に一気にライト層まで拡大。タンパク質の重要性が浸透したことで、今やタンパク質は運動ヘビー層の筋力増強のためだけでなく、日常の健康や美容のために摂取するものとして身近なものになっています。

2017年の「今年の一皿」に選ばれた鶏胸肉は、家庭料理で使われる他、サラダチキンなどの加工品としても市場に参入しています。とくにサラダチキンは、ボディビルダーやスポーツ選手からの人気も得て急速に大きなブームが起こり、市場に定着しました。おいしさだけではなく、タンパク質とヘルシーさを兼ね揃えた素材だからこそ消費者に受け入れられたと考えられます。

そんな中、スープにゴロッと大きな鶏胸肉が入ったヘルシー系カップスープが登場。筋肉芸人のなかやまきんに君がイメージキャラクターを務める『きちんとチキン』です。

独自開発した大きくて柔らかい鶏胸肉具材をゴロッと入れたスープは食べごたえ十分ながら、カロリーは90kcal以下。鶏だしの白湯・中華スープでおいしくタンパク質が補給できるON系スープとして、高まるタンパク質ニーズに対応します。


成型肉ではなく、独自開発した製法でそのままの鶏胸肉を乾燥した具材を使用し、「大きなサイズでも湯戻り1分かつ柔らかい食感」が実現されました。

具材開発には、約3年以上をかけてきたという『きちんとチキン』。今後、トレーニーの新たな標準食として定着していくかもしれません。